基礎体温表・高温期が短いのは一過性なら問題なし

私たちの体はホルモンの変化によって排卵、月経が繰り返されています。

ただ、ホルモンは微量で体に指令を出すものであり、

些細なことで変化します。

だいたい高温相は14日ほど持続しますが、

黄体機能不全などがあると高温相が維持できずに11日以内となることがあります。

 

高温相はプロゲステロンの分泌によって

高温相(黄体期)は黄体(排卵後の卵胞)からプロゲステロンが分泌されることで、

基礎体温が上昇することではじまり、妊娠が成立しなかった(胚の着床が起こらなかった)場合に、

黄体は小さくなり、黄体機能が低下するとプロゲステロンがつくりだされなくなり、

子宮の内膜が剥がれ落ちることで、月経が開始となり高温期は終了します。

高温相は14日間とされていますが、

プロゲステロンの分泌が不十分となると、

子宮内膜が着床に適した状態になりにくく、状態を黄体機能不全と診断されることがあります。

その場合の高温相の長さの目安が11日以下となります。

 

 

一過性の高温期の短さはその後1年でみると妊娠率への影響はなし

ホルモンはストレスなどわずかな事で変化して、体に影響を与えます。

そのため、高温相が短くなる周期もあったりします。

一過性のホルモンバランスの乱れでは1年間というスパンでみると妊娠率には

ほとんど影響がないといわれています。

黄体機能不全が不妊に影響するなど考えれば考えるほどに、

過剰に反応しすぎるとストレスからも

自律神経やホルモンや免疫系をかえって乱してしまいます。

 

妊活において一番重要なのは、リラックスして落ち着いた楽しい日々です。

赤ちゃんを産みだすための子宮は、感情や思考の影響を大きく受けます。

女性であることである生理を喜べない、

子宮や卵巣に対していい状態であるイメージが持てない方は

子宮や卵巣にトラブルを抱えて不妊に悩まされるケースが多いです。

 

 

あなたは、どんなことで今妊活悩まれていますか?

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー

喜びのお声

喜びのお声
自然妊娠・妊活セミナー参加後の変化について参加した方からのお声

東京での妊活セミナーにご参加いただいた方から、その後の変化や 良かったことなどを ...

妊娠したい人のための妊活セミナー 2月名古屋開催!!

2018年はじめの妊活セミナーは、名古屋開催です!! お越しいただける方とのご縁 ...

赤ちゃんができない不妊を克服できない一番の原因

不妊は、病気ではありません。 不妊という定義もありますが、 たくさんの方に接して ...

女性ホルモンバランス改善に!妊娠しやすくする3つのポイント

妊娠しやすくするには、女性の体の中の女性ホルモンが整っていることって とても大切 ...

妊娠したいならゆるゆる妊活 自然妊娠、卵子元気はここから

近年、20代での不妊に悩まされているかたも急増中。 女性ホルモンに影響するのは一 ...

-妊娠しやすい日・排卵日・基礎体温表, 女性の卵巣・子宮・卵子