妊娠できない?高温期の平均体温が高すぎるのですが…

2層になるけれど、差が0.5度以上ひらく

高温期と低温期の差の幅が大きく、高温期の時の平均体温が37度を超える場合、

何かしらのトラブルが潜んでいる可能性があります。

排卵誘発剤を長期連用した場合にもこのような基礎体温になります。

黄体期である、体温が高ずぎるという事も熱がこもった状態になっており、

卵にとっては好ましくない状態となります。

そのため、受精したとしても着床しにくいといったことになりがちです。

また、排卵期のおりものが少ない、

性交時の分泌物が少なく性交時痛

がある、手足がほてる、のぼせやすいといった症状が現れることもあります。

 

体に必要な水分を補い、

潤いを与え対処することで改善していきます。

 

水分不足は循環不良を招きます。

質の高い卵子にするには、水分摂取は欠かせないです。

こまめに摂取して、循環させていきましょう。

 

また、薬を使った不妊治療についてはよく考えて

ご夫婦で相談しながら進めていきましょう。

薬の使用量と卵子の劣化は相関関係にあります。

長く治療を続けても妊娠力はかえって下がってしまう一方になりますので

注意して、体と心を整えることを同時におこなっていきましょう。

 

基礎体温表とホルモンバランスについて

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー

喜びのお声

喜びのお声
自然妊娠・妊活セミナー参加後の変化について参加した方からのお声

東京での妊活セミナーにご参加いただいた方から、その後の変化や 良かったことなどを ...

妊娠したい人のための妊活セミナー 2月名古屋開催!!

2018年はじめの妊活セミナーは、名古屋開催です!! お越しいただける方とのご縁 ...

赤ちゃんができない不妊を克服できない一番の原因

不妊は、病気ではありません。 不妊という定義もありますが、 たくさんの方に接して ...

女性ホルモンバランス改善に!妊娠しやすくする3つのポイント

妊娠しやすくするには、女性の体の中の女性ホルモンが整っていることって とても大切 ...

妊娠したいならゆるゆる妊活 自然妊娠、卵子元気はここから

近年、20代での不妊に悩まされているかたも急増中。 女性ホルモンに影響するのは一 ...

-妊娠しやすい日・排卵日・基礎体温表