低温期が長い稀発月経なのですが、無事、妊娠できるでしょうか?

1回の生理周期が長く、低温期が長い場合に

妊娠しやすくしていくために

どうしたらよいか見ていきましょう。

 

低温期が長い場合は、以下の特徴があります。

通常はおおよそ、14日前後ある低温期ですが、

基礎体温における低温期が長いために、生理周期が長くなるという特徴があります。

 

それでも、多少長い程度なら問題はありませんが、

生理周期が40日を越えるなど、長すぎると稀発月経となります。

さらに、低温期が長いということは、排卵の機会が少なくなるという特徴があり、

妊娠を望む方にとってはできるだけ低温期を通常へ戻し、

生理の周期を28日前後へ戻したいところです。

 

冷えや自律神経のアンバランスなどによって、血行が悪くなると、

子宮や卵巣の血流も低下し、卵巣の機能が低下し、

卵胞の発育が遅くなることが考えられます。

 

卵胞の発育が遅いと、低温期が長くなります。

 

なので、生理開始日から排卵するまでに時間がかかる

ようになっていってしまいます。

冷えや自律神経のアンバランスは特にストレスという

心の問題から始まります。

そのためメンタルコントロールが欠かせないという事が見えてきます。

 

基礎体温表とホルモンバランスについて

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー

喜びのお声

喜びのお声
自然妊娠・妊活セミナー参加後の変化について参加した方からのお声

東京での妊活セミナーにご参加いただいた方から、その後の変化や 良かったことなどを ...

妊娠したい人のための妊活セミナー 2月名古屋開催!!

2018年はじめの妊活セミナーは、名古屋開催です!! お越しいただける方とのご縁 ...

赤ちゃんができない不妊を克服できない一番の原因

不妊は、病気ではありません。 不妊という定義もありますが、 たくさんの方に接して ...

女性ホルモンバランス改善に!妊娠しやすくする3つのポイント

妊娠しやすくするには、女性の体の中の女性ホルモンが整っていることって とても大切 ...

妊娠したいならゆるゆる妊活 自然妊娠、卵子元気はここから

近年、20代での不妊に悩まされているかたも急増中。 女性ホルモンに影響するのは一 ...

-妊娠しやすい日・排卵日・基礎体温表