排卵出血とは何?不正出血との違いとは?

排卵出血とは、妊娠しやすい時期を教えてくれるシグナルです

排卵出血とは、排卵日に生じる出血のことです。
生理周期の14日前後に生じる生理現象でおこる出血です。
排卵出血は、排卵直後におこるので、

排卵日のおおよその時期を見定める目安にもなります。

排卵出血は、卵子が卵巣の表面を飛び出した際に
毛細血管が切れることによって生じる現象です。
必ずしも出血を伴うとは限りませんが、出血は1日、
もしくは2~3日程度で止まり、量もごく少量となります。

必ずどなたにもあるわけでもなく、

ないからといって心配はいりません。

排卵期をご自身なりに捉えられればタイミングとしては問題ありません。

 

 

これに対し不正出血とは、正常時の月経・排卵期以外で生じる出血のことを

いいます。
不正出血の原因は、

ホルモンバランスの乱れや生殖機能の異常が主な原因となります。

排卵出血と不正出血を混同される方もいらっしゃいますが、
排卵期における排卵出血は生理的な現象なので、病気の心配はありません。

ただ、不正出血がたまたま排卵日と重なって出血するケースがありますので、
必ずしも安心というわけではありません。

排卵出血の場合は、出血期間は短く量も少量ですが、
不正出血の場合には、大量に出血したり、出血期間が長く続くという場合があります。

 

そして、不正出血は症状や量がまちまちです。

気をつけたいのは、

不正出血には、 重大な疾患が見え隠れしている可能性があります。
生理時以外の出血の量が少量だからといって、放置しない方が良い場合もあります。

受精卵が子宮に着床する際に生じる出血もあります。
これは、「着床出血」と呼ばれるもので、不正出血ではありません。

着床出血は、生理時に生じることがしばしば見受けられますが、
これは排卵出血とは異なり、「妊娠生理」とも呼ばれています。

出血が不正出血か、排卵出血かを確認するには、基礎体温表をつけて、
出血と排卵日が一致しているかを確認してもるのがよいでしょう。

 

 

それでも、生理時以外の異常な時期における出血には注意が必要となります。
そのような場合には、早めに専門医に相談されることがおススメです。

 

 

妊娠したい場合、なにか婦人科系の病気を併せ持っていた場合

妊娠しにくくなったりもします。

治療できる病気は治療することで安心してお過ごしいただけます。

それと合わせて、

妊娠しやすい状態に導くようにご自身の心と体を整えなおす必要があるという

サインでもあることを知っておいてくださいね。

 

不妊で悩む時、不妊症状別チェックしておきたいQ&A

 

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー

LINE@

LINE@

喜びのお声

喜びのお声
トンネルから出るための妊活セミナー 名古屋開催残りわずか!!

2018年はじめの妊活セミナーは、名古屋開催です!! お越しいただける方とのご縁 ...

子宝祈願!!コウノトリ桜バージョンプレゼント企画

まだまだ寒い日が続いていますが、 ふと、もう足元には春が近づいてきているのを感じ ...

妊娠しやすい体つくり 脱ストレスで不妊から解放?

ストレスが強ければ、強いほど、妊娠するまでに時間がかかり、 不妊で悩む期間が長く ...

みなさん悩んでいます!アンケートの回答とメッセージ

メルマガ登録いただいている方から届いている アンケート結果と、みなさんへのメッセ ...

妊活女性必見!妊娠しやすく卵子の質を高める飲み物と飲み方

人の体の60%は水で構成されます。 それくらい体の割合を占める水、その水が整って ...

-不妊症状別Q&A, 妊娠したい人のための方法