妊娠しやすい赤ちゃんができる不妊相談カウンセリング 妊活セミナー 岡田和子 長野県松本市

妊娠しやすい心と体づくりをサポート! 不妊症・妊活で悩む赤ちゃんが欲しい方のためのカウンセリング

000000ar

乳製品のとり方が妊娠しやすさに影響 気をつけたい選び方

乳製品は体に良くない、不妊体質を招くといった情報も出回っています。

果たして本当に乳製品は不妊体質を招いてしまうのでしょうか?

妊活中は食事への関心が高まります。

でも、間違った情報を鵜呑みにしてしまうのも危険です。

どういった乳製品だと妊娠しやすさに影響してしまうのか、

どういったことに気をつけて乳製品を選んでいったらよいのかを

みていきましょう。

 

乳製品の摂取量と不妊との関係は?

乳製品の摂取量と不妊についての相関関係は、

大規模調査の結果、ないことがわかっています。

意外かと思われるかもしれませんが、

乳製品の摂取量とはさほど大きな影響は出てこないようです。

しかし、乳製品の種類によっては不妊と関係が出てきています。

 

どんな乳製品だと不妊になりやすい?

一般的に脂肪ときくとあまりいいイメージがないかもしれません。

以前はコレステロールは悪という感じで厚生労働省でも

脂質の摂取について注意が出ていたのですが、

今は改善されています。

人間にとっては脂質というのは本来重要な栄養素の一つであります。

赤ちゃんにとって重要な母乳(おかあさんのおっぱい)には、

脂質がたくさん含まれます。

それくらい、人間の体をいい状態で機能させ維持するには脂質は

糖質やタンパク質同様とても必要なものになるのですが、

健康的というイメージから

低脂肪・無脂肪・コレステロール0

こういった乳製品を意図的に選んでいる方もいるかもしれませんね。

 

ただ、こういった乳製品の摂取と不妊との関係は明確な違いが出ています。

これらを摂取している女性は、

そうでない女性に比べて、排卵障害による不妊のリスクが高いというのです。

入っている成分を人工的に調整してしまう事で、

中に含まれる含有ホルモンの構成が変化して

卵胞の成熟を阻害する可能性があるということです。

 

 

妊娠しやすくするなら自然なかたちの乳製品を

妊娠しやすく食事からできる体つくりにする場合は、

できるだけ自然に近い状態のものを選ぶという事です。

脂肪分を人工的に調整しないもの

低脂肪・無脂肪・コレステロール0というのを

今まで選んでいたとしたら、無調整のものにすることです。

また、乳製品にはヨーグルトや乳飲料など砂糖が

添加されているものも多いです。飲みすぎ、とり過ぎは要注意ですね。

妊活セミナー

妊活セミナー

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

喜びのお声

喜びのお声

カウンセリング

カウンセリング
0000ae
生理がくるたびにやる気喪失 やる気がおきず心身疲れに悩み不妊には

気の充実は、生活エネルギーの充実にもつながります。 妊活をしていて、心が疲れてく ...

財布8png
不妊の悩みを解決、不安や焦りや悲しみをコントロール 

現実に起きている問題部分、悩んでいる事に対しては 解決していくための行動をとるし ...

Hands of the mother and child to pass those heart-shaped
排卵期以外の方が大事 夫婦の性生活セックスフルに

妊活では、タイミングを重視し、排卵期を意識すればすれば うまくいかなくなり始めま ...

fotolia_43483301_subscription_monthly_m
妊娠したい赤ちゃん欲しい人のための生理前の過ごし方

赤ちゃんが欲しい、そんな強い欲求や執着に心振り回されていると、 生理を迎えては悲 ...

0a00namida8
前向きに変わるために 対面カウンセリングに

妊活をしていると、不安や焦りはもちろん、 流産や死産など本当にどう乗り越えたらい ...

-妊娠したい人の食べ物・サプリ・食生活