子宝食生活妊娠したいなら、食事をかえて妊娠スイッチをON 4

0a10230001886

妊活中のご夫婦のための 「子宝に恵まれる食事」

妊娠力を上げるという事は、

本来持っている身体を健全な方向へ働かせようとする力を取り戻させることです。

ホルモンバランスを整える事や

細胞を修復させ活性化させることです。

 

そのためによい食事について4つのポイントがあります 

1 妊活中に取った方がいい食べ物

2 とらない方がいい食べ物

3 食事のバランスのとり方

4 食事の仕方

これらを順にご紹介しています。

これまでの記事は、クリックしていただけるとご覧いただけます。

 

 

4 食事の仕方

何を食べるのかという事も大事ですが、

どのように食べたらいいのかということも大事です。

 

どういった食べ方に気を付けていくといいのかポイントをまとめました。

 

1 楽しく、美味しく食べる

2 この食事で自分のカラダが元気でイキイキと活性化して、健康になると思って食べる

3 食べる事に集中する

4 家族で一緒に食事をする時間をつくる

5 よく噛んで食べる

6 野菜から食べる

7 腹八分目以下を心掛けて、空腹で次の食事をむかえる

 

 

妊活において、特に整えたいところは、

自律神経が整ってくるようにすることが第一です。

その自律神経だってコントロールするのは脳です。

副交感神経が働かなければ

消化吸収もよくならないですよね。

外国では1食に2時間かけて

ゆっくりお話ししながら食事をとる習慣があったりもします。

 

忙しい日本では中々難しいですが

15~20分程度の時間は作ろうと思えばなんとかなるものです。

それでも時間は確保できない場合は、その時食べる食事に

集中して、美味しいな、楽しいな、体がイキイキしてくる、

元気がでるそう真剣に向き合って食べてみることもいいでしょう

 

 

女性はとくに食生活と性生活が実は直結します。

妊娠したいけれど回数が減ってきた。

夫婦仲はいいんだけど、妊娠できないセックスになっている方、

食生活を変えれば、性生活も変わります。

女性はとくに、食生活と性生活が直結していると言われています。

 

夫婦生活もスキンシップであり、1つのコミュニケーションです。

食事を一緒に食べて、仲よく楽しく会話が弾む食生活がある夫婦ほど、

セックスにおいてもお互いのコミュニケーションが

スムーズだと言われています。

 

心地よいと感じるセックスでは、

男女ともホルモンの分泌が充分で、

妊娠のためのメカニズムから見ても必要なホルモンのサポートがおこります。

 

 

何を食べるかに必死になってしまうと、

楽しくたべる習慣からは少しづつ遠のいてしまいます。

栄養が足りていないかも、

食べてはいけないものを食げてしまった、

そう思うと、食事そのものが楽しめなくたってしまいますものね。

 

 

 

食事は体の土台をつくります。

ホルモンバランスを整えていく際も、

食事内容はとってもたいせつになります。

卵巣機能が低下している、

受精卵が中々思うグレード胚盤胞に育たない、

受精卵が着床しにくい、

そういった場合はホルモンバランスの乱れが考えられます。

なかなか妊娠できずにいたら、

ホルモンバランスを整える食事で

細胞の質を高め、受精卵が定着できるような土台をつくりませんか?

 

 

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー

喜びのお声

喜びのお声
体外受精や不妊治療によるセックスレスが妊娠率低下に!!

自然な形で妊娠できずにタイミング療法などへ踏み込み始めると、 必ずと言っていいほ ...

自然妊娠・妊活セミナー参加後の変化について参加した方からのお声

東京での妊活セミナーにご参加いただいた方から、その後の変化や 良かったことなどを ...

妊娠したい人のための妊活セミナー 2月名古屋開催!!

2018年はじめの妊活セミナーは、名古屋開催です!! お越しいただける方とのご縁 ...

赤ちゃんができない不妊を克服できない一番の原因

不妊は、病気ではありません。 不妊という定義もありますが、 たくさんの方に接して ...

女性ホルモンバランス改善に!妊娠しやすくする3つのポイント

妊娠しやすくするには、女性の体の中の女性ホルモンが整っていることって とても大切 ...

-妊娠したい人の食べ物・サプリ・食生活