妊娠しやすい赤ちゃんができる不妊相談カウンセリング 妊活セミナー 岡田和子 長野県松本市

妊娠しやすい心と体づくりをサポート! 不妊症・妊活で悩む赤ちゃんが欲しい方のためのカウンセリング

thZLGVYFO6

必須!妊娠には卵子の質ミトコンドリアを活性化 不妊の悩みを払拭

不妊で悩む場合、

卵子の老化が不妊の原因になっています。

細胞のDNAの年齢は関係なく、卵子細胞をとりまく細胞質の低下が

受精後の分割に影響が出てきます。

 

卵子を若返らせて妊娠力を上げる事ができるようになる、

不妊克服のカギをにぎるという

細胞内にある今、注目を浴びるミトコンドリアですが、

サプリに頼らなくても、簡単に活性化させることができます。

mitokonndoria

女性の卵子もミトコンドリアが活性化すれば若返る

卵子は女性の体の中で胎児の時に一番多い細胞で、

産まれてから加齢とともに年をとっていってしまう細胞です。

加齢とともに老化してしまう細胞ですが、

さまざまな要因でその進行度合いは全く違ってきます。

実際の年齢が関係するのではなく、

生活や習慣によって積み上げられるものが大きく影響するという事です。

 

生殖医療では卵子や精子の細胞の中のミトコンドリアを活性化させて

若返らせて、妊娠力を上げるといったミトコンドリア治療が大変注目されています。

細胞の中のミトコンドリアを活性化させることができたり、

ミトコンドリアが機能しにくくなるのを防ぐことこそが

細胞レベルで妊娠力をあげる事につながっていきます。

 

生殖細胞ミトコンドリア治療とは

生殖細胞ミトコンドリア治療は、老化により弱まった“卵子のミトコンドリア”と、

精子の活動率を左右する“精子のミトコンドリア”に対し、

細胞機能の根本的な改善を図ります。

卵子や精子といった生殖細胞内の“ミトコンドリア”に、

活動源となる微小電子を補給し細胞機能を改善、そして老化した卵子を甦らせます。

その結果、卵子・精子、そして母胎が本来もっていたはずの活発な細胞機能を回復させ(若返り)、

健全な受精・着床環境を整え妊娠率を高めます。

また、健全な母胎の細胞環境も取り戻し、流産の危険性低下を目指します。

出典:日本不妊治療学会JFTS

 

 

 

ミトコンドリアとは

ミトコンドリアとは、細胞の中にある小さい器官で、

エネルギーをATP(アデノシン三リン酸分解酵素)という形で生産します。

ミトコンドリアは糖や脂肪を分解する過程でエネルギーを生み出しそのエネルギーを

使って生きています。ミトコンドリアはそれ自体にも核があり、ミトコンドリアDNAを

もっています。このミトコンドリアが変質してしまった細胞を活性化させてくることに

重要な役割を担っている事が判明しています。

 

ミトコンドリアが不活化してしまうのは

糖質からのブドウ糖ばかりにエネルギー供給を頼っていると、

脂肪から分解して作られるケトンを燃料として使用していく回路が全く活性化してきません。

ブドウ糖が足りない時には、タンパク質から糖を

作り出す糖新生がおき、好ましくないダイエットをした場合

大事な筋肉が痩せてしまうばかりです。

脂肪からケトンをつくり、それをエネルギーにすることができるようになっていると

効率よくATPを作り出すことができ、酸化の元になるフリーラジカルと言われる活性酸素も

減らせるようになります。

さらにケトンには異常に作用するアポトーシス(DNAにプログラムされた細胞を死なせる機能)

をも抑制する効果があると言われています。

 

 

 

細胞の老化を防ぎ異常なアポトーシス(細胞死)を防ごう

 

細胞の老化を防ぎ、異常なアポトーシスを防ぐことが、

卵子に限らず、体中の細胞の活性化、健康的でホルモンバランスが整った

受精卵が定着していく体つくりとも直結してきます。

 

生殖力を高める食事は、

現代の普通に人が食べている食事に栄養を補った食事でも

高められないことが研究でわかっています。

生殖において大事なのは、栄養バランスやサプリではないのです。

 

ブドウ糖は体にとってとても大切というイメージがあるので、

食事に野菜やタンパク質、良質な脂肪は抜いたとしても、

主食を抜く人はほとんどいないのではないでしょう。

しかし、コレステロールを避けたり、

脂っこいもの、肉は体を汚すのでは?太ってしまうのでは?

そんなイメージから避けていませんか?

 

ケトン体をつくりだせる。効率よくエネルギーを作り出し、

フリーラジカル(活性酸素)を減らし、

異常な細胞死を無くしていくこと。

細胞内のミトコンドリアが活性化する生活に変えることが

妊娠できる体つくりへとつながります。

人間にとって、こういったケトン体からエネルギーを生み出していく理想の

栄養バランスとして挙げられるのは母乳です。

だから、生まれたての赤ちゃんは細胞も元気で、細胞分裂も盛んにどんどん育っていくのも

納得できる気がします。

 

卵子だけが活性化するということはまずなく、

体の一部が活性化させるという事は、

体全体が活性化していなくては望めません。

すべてがスムーズに整い始める体つくりが結局は妊娠への近道に

 

 

卵子の質を高める ミトコンドリアを活性させる体質づくりはこちら

rinabar20151226

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

うまく回り始めるための体質改善は、

女性が女性として幸せに生きていくのには欠かせない

整ったホルモンバランスからです。

 

 

 

妊活セミナー

妊活セミナー

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

喜びのお声

喜びのお声

カウンセリング

カウンセリング
2281bfd7f373f18fae0a3c827ab6528c_m
基礎体温表・高温期が短いのは一過性なら問題なし

私たちの体はホルモンの変化によって排卵、月経が繰り返されています。 ただ、ホルモ ...

0000sa
なかなか妊娠しないなら…受けておいた方がいい子宮卵管造影検査

どれだけ排卵していても、夫婦の性生活があったとしても、 卵管が閉塞していれば妊娠 ...

afa21
妊娠できる自信がない、不妊不安と焦りだらけを解決する方法

不妊で悩まれる方の中には、どうしても不安が付きまとう、焦ってばかりしまう、 排卵 ...

000000ar
医師からも言われたけれどもっとセックスを楽しむには?

セックス自体楽しめば妊娠しやすくなるという事は聞いたことがありませんか? 不妊治 ...

winterskin
バカにできないストレスが招く冷えと不妊

身の回りには多くの冷えをまねく要因が潜んでいます。 妊活には冷えは大敵です。その ...

-妊娠したい人の食べ物・サプリ・食生活