卵子は年齢とともに減ってしまう!!

2017/01/16

卵子は年齢とともに減っていく・・・

 

妊娠するには女性からの卵子と男性からの精子が必要です。

 

女性からの卵子と男性からの精子が出会い、受精して、

子宮の中におちつき着床し、すくすくと育つことで赤ちゃんは育ちます。

では卵子と精子は、いつでも私たちの体の中にあるのでしょうか?

さらに、卵子と精子があれば、いつでも妊娠できるのでしょうか?

 

卵子は

卵子は卵巣の中にある「卵胞」という小部屋で育ちます。

この卵胞の数は年齢とともに変化していきます。

実は!!胎児の頃が一番多いのです

受精後20週目くらいの胎児の中で、すでに卵胞はたくさん作られ、

なんと600万個にも増えるそうです。驚きですね。

しかしそれ以降は新たに作られることはなく、減っていくだけです。

二次性徴を迎える頃には20~50万個に、そして37歳頃ではおよそ2万5千個、

つまり最高値の1/200以下にまで減っていくようです。あくまで個人差はあります。

 

卵子が卵巣から出てこなければ、精子と出会うことすらできません。

そろそろ赤ちゃんが欲しいかな・・・・そんな時が来た頃には卵子の数は激減してしまっている。

「妊娠の適齢期がこんなに短いって、どうして誰も教えてくれなかったの?」

嘆きたくなりますよね!!

 

教えてくれなかった学校教育のせいにしたくなってしまう気持ちもわからなくはないです。

 

 

でも・・・・

 

確かに卵子の数は年齢と共に減っていくでしょうが、

40歳でも産んでいるお母さんはたくさんいます。

昭和の子だくさんの時代子供を8人も10人も生んだ人は当然40代で出産しているでしょうし、

今でもお子さんが3人目という方は37歳を過ぎても出産している方はたくさんいますよね。

たまたまそういう人は卵子が多いのでしょうか?

そういう人は卵子が減らなかったのでしょうか。

実は根本的なあることがちがうのです!!

 

妊娠しやすい人としにくい人の差

妊娠しにくい人と、すぐ妊娠する人とでは、ある事が実は全く違うのです!!!

ただ40歳だからという年齢というだけで妊娠しにくくなるのではないのです。

 

 

ホルモンの分泌が妊娠には欠かせませんが、

その指令を出すところは脳ですね。

ホルモンバランスを整えるためにすべて関わる部分は脳でもあるんです。

妊娠体質へと導く過程で

ホルモンバランスを整える事と、

妊娠しやすい体質へ導く脳が欠かせません。

そのためには

自然妊娠力を高める3つの力が必要なんですね。

妊娠力が高まった状態であれば

年齢ばかりを気にせず、質の良い卵子を育むことも、

整ったホルモンバランスで妊娠から出産までをスムーズに持って行かれるようになります。

 

なんで私は妊娠できないの?とおもったら…

ホルモンバランスについて整えておきたかったらこちら

 

 

 

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー

LINE@

LINE@

喜びのお声

喜びのお声
トンネルから出るための妊活セミナー 名古屋開催残りわずか!!

2018年はじめの妊活セミナーは、名古屋開催です!! お越しいただける方とのご縁 ...

子宝祈願!!コウノトリ桜バージョンプレゼント企画

まだまだ寒い日が続いていますが、 ふと、もう足元には春が近づいてきているのを感じ ...

妊娠しやすい体つくり 脱ストレスで不妊から解放?

ストレスが強ければ、強いほど、妊娠するまでに時間がかかり、 不妊で悩む期間が長く ...

みなさん悩んでいます!アンケートの回答とメッセージ

メルマガ登録いただいている方から届いている アンケート結果と、みなさんへのメッセ ...

妊活女性必見!妊娠しやすく卵子の質を高める飲み物と飲み方

人の体の60%は水で構成されます。 それくらい体の割合を占める水、その水が整って ...

-妊娠しくみ・確率・タイミング