妊活はストレスが溜まる?30代子作り前に妻のイライラ対策

妊活はストレスが溜まる?30代子作り前に妻のイライラ対策

女性は妊娠の不安や焦りからストレスがドンドンと溜まっていき、
 
夫のちょっとした言葉や行動が引き金となって爆発してしまう事もあるのです。
 
どんな事が妊活のストレスになってしまうのか
 
30代子作り前に知って奥さんの心をサポートしていきましょう。
 

妊活はストレスとの戦い?

赤ちゃんを授かるという幸せの活動のはずが、
 
妊活を行う多くの夫婦は男女共にストレスを抱えるようになってしまいます。
 
何かを強く望めば望むほど思い通りにいかない、
 
手に入らないと憤りを感じやすくなってしまうものです。
 
妊活ストレスの根本的な原因となるのは
 
「赤ちゃんがやってきてくれない」というところだと思います。
 
 
生理が来る度に気持ちが落ち込む、嫉妬心で他人の妊娠が素直に喜べない、
 
イライラを他人にぶつけてしまう自分への嫌悪感、
 
毎月タイミング療法で行う作業化したセックスに疲れた、
 
パートナーとの妊活に対する温度差がつらいなど
 
ストレスやイライラは蓄積されていくのです。
 
それに加え普段生活をしている中で仕事、人間関係、経済的不安など
 
妊活以外のストレスを受けていき、
 
妊活中は心がとてもグラグラと不安定になりやすくなってしまうのです。
 
そのため、妊活前にストレスに負けないメンタルトレーニングや、
 
夫婦仲を築き上げていく事がとても大切なのです。
 

旦那さんの愛が奥さんの支え

イライラが募ると夫婦仲が悪化してしまうのではないか心配になるところではありますね。
 
実は逆に愛が深まった、夫が傍にいてくれてよかったという声が多いのです。
 
色々な人に相談してどうしたら良いか心の解決策を色々模索はしているものの、
 
やっぱり寄りそって支えて欲しいと思うのは夫なのです。
 
イライラして心ない言葉をぶつけてしまう時もありますし、
 
暗い顔で嫌だなと感じてしまう時もあると思います。
 
相手が感情的にあたってしまっても、
 
怒りに任せて言葉を返さずに冷静に奥さんを受け止め優しく愛情で包み込んであげて下さい。
 
 
妊活を切り出す大半は女性です。
 
基礎体温を測って排卵日を出して夜のお誘いをするのも奥さん。
 
私だけが欲しいのかなと些細な事で夫の気持ちに不安を感じるようになってしまいます。
 
男性は協力する妊活ではなく、参加するという気持ちを持つと良いでしょう。
 
男性不妊検査は妻に言われる前に積極的に受ける、妊娠しやすい体に作りに調べ取り組んでいく、
 
妻の排卵日をある程度把握しておくなど妊活に参加する姿勢はちょっとした事でも嬉しいのです。
 

まとめ

妊活では色々なストレスというハードルが待ち受けています。
 
ストレスをどう受け止め、心をしっかり休めるかも大切になってきます。
 
頑張りすぎてしまうと心の休め方を見失ってしまい、
 
本人もどうしてよいか出口のない暗いトンネルをずっと彷徨ってしまうのです。
 
そういった時に手を差し伸べて心休まる環境へ導いてあげましょう。
 
奥さんもストイックになり過ぎて相手の心を窮屈にしないように注意して下さいね。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい