30代で子作りを望む男性はストレスが原因のEDに要注意

30代で子作りを望む男性はストレスが原因のEDに要注意

日本では勃起不全、勃起障害と訳されているEDですが、
 
中折れなどで満足できる性交が行えない事もEDに含まれます。
 
加齢が原因という認識が強いようですが、
 
子作り世代の30代後半から40代前半までに第一ピークは訪れ、
 
ストレスが関係あるのです。
 

心の問題が原因でなる心因性ED

心因性EDとは、性器の機能自体に問題はないものの
 
心理や精神的な事が要因で起こるEDの事です。
 
女性の方も疲れている時や、気分がのっていないときの
 
性行為は気持ちいいものではありませんよね。
 
このように、性行為は体の快楽だけではなく、
 
心がとても大切なものなのです。
 
 
近年男性でも増加しているうつ病、
 
アルコール依存症といった精神疾患もEDとの関係があり、
 
処方される薬の副作用として勃起に影響を与えるものもあるので要注意。
 
うつ病と自覚がない方でも、性欲がなくなった、
 
ED症状が出るといった事がうつ症状として現れるケースもありますので、
 
心の問題にきちんと向き合う必要があると言えるでしょう。
 
精神疾患患者ではなくても、セックスでのコンプレックス、
 
夫婦のコミュニケーション不足、経済不安、妊娠への恐怖といった
 
日常ストレスからの心理的心因、関係ないと思われがちですが役職のプレッシャー、
 
仕事のミスの心配でもEDを引き起こす危険性があります。
 
 
また、自覚がなく心の底の底にしまわれている
 
幼少期のトラウマや自分でも気づいていない
 
性癖いった深層心因の場合もあるのです。
 
心の問題は必ずしも一つではないので、
 
解決するためにはパートナーの協力が必要不可欠となってくるでしょう。
 

夫婦、二人三脚で解決

クリニックでの治療方法にはバイアグラといった薬での治療方法が一般的。
 
性行為への不安、性器でのコンプレックスを抱えている方にも
 
自信へと繋がるので治療法としても有効であると言えます。
 
薬を服用しても効果が得られない方ですとカウンセリングなど
 
長期に渡り心理療法が用いられます。
 
 
EDの原因は必ずしも男性側にあるとは限らないため、
 
セックスレスやEDといった性行為の問題のスペシャリストにより
 
夫婦で行うセックスセラピーなどもあります。
 
ただ、男性の方は突然心因性EDになる可能性があるため、
 
急な出来事に一人で解決しようと、
 
パートナーには打ち明けずに一人で抱え込んでしまいます。
 
一人で抱え込むという行動はさらなる劣等感や不安を生んでしまい、
 
解決には向かわないばかりか悪い方向へと進み、
 
負のスパイラルに陥ってしまう危険性もあります。
 
 
赤ちゃんを授かるという願いはパートナーがいなくては叶う事はありません。
 
セックスレス、不妊原因は夫婦で一緒に乗り越える必要があるのです。
 
また、子作りばかりを視野に入れ過ぎてしまい、
 
妊娠しやすい日だけしか性行為をしないといった事も男性不妊の原因の一つ。
 
セックスは子作りのためではなく、
 
愛する人と肌と肌を触れ合せ愛情を深める行為である事を決して忘れないで下さい。
 

まとめ

女性、男性共に不妊の原因に大きく関わってくるメンタル。
 
常日頃から相手を思いやり、お互いに心の休息を行える
 
時間作りはとても大切なものになってきます。
 
また、信頼できると選んで結婚したパートナーなのですから、
 
日常生活での不安、性行為の悩みなどは一人で抱え込まずに話してみて下さい。
 理想的なセックスは子作りを成功させるではなく、心が結ばれる事なのです。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい