前もって排卵日をしる排卵検査薬そのメリットとデメリット – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

前もって排卵日をしる排卵検査薬そのメリットとデメリット

hairanbitokutei

排卵検査薬

排卵検査薬とは、尿からLHという黄体化ホルモンの大量放出を感知するための検査薬です。

尿を検査キットの一部分にかけて検査します。

メーカーによって検出できる時間が異なりますが、

一般的な検査薬は排卵日の平均32~38時間前に陽性が表れるので

排卵日を事前に予想することが出来ます。

黄体刺激ホルモンは排卵をうながすホルモンで、「LH」(Luteinizing Hormone)と呼ばれ、

LHが大量に放出されることを「LHサージ」といいます。

 

ポイントはこれです!!

LHサージは、排卵の平均32~38時間前から分泌を始め、

ホルモン濃度がピークに達してから15~24時間後に排卵が始まります。

 

 

基礎体温では、このころがグッと体温が下がる時期になります。

LHサージは排卵の前に分泌され、

排卵検査薬には分泌された時点から陽性の反応が表れます。

排卵3日前から排卵1日後の5日間は妊娠の確率が高くなる時期になります。

このタイミングを見計らって、妊活をしていただくのが良いでしょう。

 

排卵検査薬が陽性の反応を示すのは

排卵の前だという事をよくしっていてくださいね。

こちらに排卵検査薬についてメリット・デメリットをまとめてみました。

 

 

参考になったら嬉しいです。

7

 

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい