子宮にしがみついていて!着床の時期っていつなの? |

子宮にしがみついていて!着床の時期っていつなの?

着床の時期は期待と不安がある壁を感じやすい時期でもありますね。

せっかく受精したんだからそのまま子宮にしがみついていて!って

願いたくもなってしまう想いでいっぱいかもしれません。

受精卵が子宮に根を下ろすことを着床と言い、受精卵が子宮まで移動をし、

着床するのはいったいいつ頃なのでしょうか?

気になる着床する時期についてみていきましょう。

 

受精卵が根を下ろす 着床までの過程

着床とは、受精卵が子宮内膜に潜り込んで完全に覆われてしまうことを指します。

では、この受精から着床まではどのように進んでいくのでしょうか?

 

排卵

排卵は、卵胞という袋状の組織から、成長した卵子が飛び出してくることを言います。

一般的な月経周期では、月経開始から14日目頃に「排卵」が起こります。

1回の月経周期で排卵される卵子は、基本的に1つです。

左右どちらかの卵巣から排出されます。

 

受精

精子は卵管の中で2~3日間生きていくことができます。

卵管の中にたどり着いた精子は、卵子が排卵してくるのをじっと待っています。

しかし、卵子は24時間ほどしか寿命はなく、

そのうち受精できる時間は6~8時間しかないのです。卵子と精子にはそれどれ寿命があり、

タイミングを逃してしまうと、受精することなく排出されてしまします。

タイミングよく、卵子とめぐり会えた精子。精子は卵子の中に入ると、

数時間の間に赤ちゃんの設計図となる卵子と精子の遺伝子を持った2つの核が大きくなり、

卵子の中央に移動します。最後にはこの2つの核が融合して受精が完了するのです。

そして、受精卵は活性化され分裂を始めます。

 

受精卵は卵管を移動

受精卵は分割をしながら子宮へ進んでいきます。

受精卵は4~6日ほどかけて子宮へ移動します。

受精卵は分割を繰り返しながら移動をしていくので、

4日目:「桑実胚」

5~7日目:「胚盤胞」と発育していきます。

 

赤ちゃんが子宮にしがみつく 着床が完了するまで

着床は受精後7日目に始まります。

受精卵が子宮の中にたどり着くという事はとても大切なことです。

もし、子宮にたどり着くのが遅くなってしまうと、卵管に取り付いて、子宮外妊娠となってしまします。

無事に子宮内にたどり着いた受精卵は、表面に絨毛という小さな根のような組織ができます。

受精卵はもぐり込めるところを探して根を張ってもぐり込みます。

受精後およそ12日目に完全に子宮内膜の上皮が表面を覆い、着床が完了します

 

着床の時期の気をつけたい過ごし方

精子も卵子も寿命があり、その2つがめぐり会い受精卵となるのは、本当に奇跡的なことです。

また、受精卵が分裂を繰り返しながら、無事に子宮内膜にたどり着くことも本当に大変なことですよね。

今回は着床までの過程をお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

妊娠を望む女性にとって、どの時期に着床していて、どんな症状がみられるのか‥と焦ってしまうかもしれません。

しかし、落ち着いて、生理予定日1週間が過ぎるのを待ってから妊娠検査薬を使って

妊娠の検査していきましょう。フライング検査はしたくなってしまうかもしれません。

そわそわもしますよね。たとえそうでなくてもダメかもしれないし、途中までの状態でも

可能性があるなら知りたいと思うかもしれませんが、

落ち着かずそわそわして過ごす事そのもの、子宮環境にはよくは働かなくなってしまいます。

フライング検査は要注意です。特に不妊治療をしていると生理がきたら、

流産と同じような感覚を味わいやすいからです。

人工授精や体外受精ではステップアップするほど、受精という事をすごく意識しています。

受精卵を迎え入れる事は、赤ちゃんがお腹にやってきたのと同じような感覚です。

そのため生理がくるという事そのもの流産と同じように感じてしまうのも無理がない状態ですし、

早期の検査は結果があいまいで不確かになってしまうので、

流産を回避できるようできるだけメンタルケアを心がけ、必要であれば心理サポートなども

とても有効になります。日々の生活は当たり前のようですが、規則正しく、バランスがとれた

生活をおくっていることが望ましくなります。

フライング検査で期待と喪失体験でストレス増

 

参考文献

受精から着床、妊娠後の身体|大谷レディスクリニック | 神戸ARTレディスクリニック

https://www.ivf.co.jp/?page_id=15

着床時期と過程(日数) | 妊娠超初期症状ってホントはどうなの?

http://ninshincyousyoki.hapiusa.net/?eid=16

着床時期はいつ?自覚症状はあるの?受精卵が着床するまでの期間と流れは? | ままのて

https://mamanoko.jp/articles/23030

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい