生理が来た時の凹んだ心のコントロールは? – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

生理が来た時の凹んだ心のコントロールは?

生理が来た時の凹みについて

妊活中は、生理がくることが嬉しくはありません。

それは、妊娠しなかったという証拠だからです。

赤ちゃんが今回は来なかった・・・がっかり・・・

という事だからですね。

不妊で悩めば悩むほど、涙がでてきてしまいます。

 

でも、妊娠しやすい人は、こういう時、実はこういう反応はしてはいません。

なので、こういう反応をしている時点で

妊娠しにくいマインドを持っていると分かります。

 

凹んだままにさせない、凹ませないためのコントロール

落ち込んだままも嫌ですし、凹んだ状態は嫌だからメンタルコントロール

しておきましょう。

また、こういった研究もあります。

月経のイメージが悪い人ほど、婦人科系のトラブル・病気を抱えている

というのです。

 

妊娠しやすくするには、メンタルコントロールも大事ですが、

月経のイメージを良くしておくことも大切です。

 

 

本来、月経があることは赤ちゃんを産むためのサイクルが整っている

証として、喜ぶべき点になります。

無排卵だった私は、月経が月に2回ありました。

とても喜べる状態では本来はありませんが、

つらいメンタリティの中、

自分の体の中で働いてくれている

卵巣や子宮があって起きている変化としてポジティブに受け止めるようにしました。

 

妊娠をひきよせる月経イメージトレーニング

卵巣のおかげ、ありがとうございます。

子宮のおかげ、ありがとうございます。

月経のおかげで赤ちゃんのためのベッドを新しく用意できる。

心は苦しいのに、体はこんなにもいつも働いてくれている、ありがとう。

月経のおかげで私は妊娠できる。

月経のおかげで赤ちゃんを産める。

月経のおかげでママになれる。

月経のおかげで女性らしくいられる。

 

とにかく、

月経にたいするポジティブなイメージをもつように考えられることを

書き出してみました。

そして、部分的に体を癒す瞑想を取り入れてもみました。

 

そうすることで、月経の時の凹みはなく、

泣くような事もなく、メンタルコントロールができるようになったのです。

 

 

妊娠しやすい人になるには、生理がきても泣きません。むしろ感謝します。

泣いたままで妊娠できるようになるのであれば、泣けばよいのですが、

逆に遠ざかってしまいますので、

あなたには、月経に感謝できるメンタリティを作るための

行動をとって欲しいと思います。

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい