高温期が続いているときに気をつける事 心がけているとよい点 – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

高温期が続いているときに気をつける事 心がけているとよい点

受精卵が着床して、おなかの中で赤ちゃんが育ち始めると、

妊娠した後は基礎体温表では高温期が続きます。

妊娠しはじめのまだ妊娠しているかどうかもわからないころから、

敏感な方でしたら妊娠超初期のサインを感じとるかたもいます。

生理予定日を過ぎて高体温気が続いているとしたら・・・

もしかして!待ちに待った妊娠かも!!

期待が先走ったり、かえって不安にもなったりと気分の浮き沈みが

多くなりがちの時期にもなります。

そんな高温期が続きだしてから心がけていくことをお伝えしていきますね。

 

また、妊娠超初期についてはこちら

 

高温期がつづいたら心がける事

妊娠したからといって、妊娠してすぐは気づかない方も多いくらい

普通に過ごしてしまいがちです。

特別過激な運動や無理のかかるようなことを控えれば、

通常と同じ今までの生活を送っていただいていれば大丈夫です。

なので、どちらかと言えば普通に過ごせるように

心がける方がいいのでしょう。

ただ、妊娠してからはつわりが始まったり、ホルモンバランスの変化で

体調がすぐれないという場合もあります。

そんなときは、体の声に耳をよく傾けてあげてください。

「ちょっと休みたいなぁ・・・」

「ころんと横になっていたいなぁ・・・」

「あ、○○がたべたいなぁ・・・」

「体を動かしたいなぁ・・・」

そんな体からのサインを拾い上げるための心の声が聞こえてくるはずです。

 

 

私たちの体は、いつも本当に求めているものは何かを教えてくれています。

でも、つい、

その声を無視してしまいがちです。

「私の体は何をしてほしいと思っているの?」

「私の体は何を食べたがっているの?」

「健やかに過ごすために必要な事は何?」

「どうしたら、赤ちゃんも喜ぶ?」

ご自分の体に、問いかけてあげてみてください。

その時、その時、必要な事を必ず教えてくれるはずです。

 

心がけたい、ママになっていくためのメンタリティ

お腹の中にいる赤ちゃんには、ママの考えていることから、

感情や体調など、全て伝わっていきます。

心臓の鼓動、呼吸の状態に始まって、ホルモンや伝達物質などを

通じて、赤ちゃんにもいいものも悪いものも全て伝わります。

ネガティブなことで悶々しているのも、

不安な気持ちでそわそわしているのも、全て伝わってしまいます。

また、そんなママの心が不安定な状態で過ごす場合、

産まれてくる赤ちゃんの体重や脳の発達にも影響が出ることが研究では

分かってきています。

 

ママになる不安、産むときの不安、無事産んであげられるのかという不安、

産んだ後だって、ちゃんと育て上げられるのかという不安、

いろいろな不安を抱える事でしょう。

でも、赤ちゃんの方も、

いつも笑って「ママがいるから大丈夫だよ!」

そういってくれるママのもとでこそ、

安心してすくすく育つことができるものです。

 

どんな子かなぁ♡

どっち似かなぁ♡

男の子かなぁ♡女の子かなあ♡

こんな服を着せたいなぁ♡

こんな名前にしたいなぁ♡

産まれて出てきたら3人になるってすごいなぁ♡

楽しみだなぁ♡

 

ママになっていく過程も楽しんで、

わくわく過ごせるメンタリティを作り上げましょう

きっと、大丈夫♡

落ち着いてゆったり過ごせるよう心がけることが、

赤ちゃんにとってもママにとっても一番望ましいといえるでしょう。

 

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る