不妊のための妊活ヨガはポーズだけをとる事では不十分 – 不妊解決カウンセリング│不妊・妊活・流産の悩み・相談を一緒に解決していきます

不妊のための妊活ヨガはポーズだけをとる事では不十分

不妊のための妊活ヨガが流行っていますよね。

ヨガにまつわるこんな研究結果があります。

ヨガが不妊克服に効果的なのは、

あるヨガプログラムに取り組んでもらった場合の

その後の妊娠率を比較している研究があります。

妊活にヨガがどのように効果的に働きかけるのか見ていきましょう。

 

ヨガプログラムを受けた方が妊娠率が高い?

ヨガプログラムを取り入れた群の方が妊娠率が高いという結果でした。

そのため、ヨガが不妊には有効という考えが生まれてしまうのですが、

そのプログラムには単純にヨガのポーズをとるものではなく、

呼吸法に始まって、漸進的筋弛緩法という自己催眠に用いられるリラクゼーション法や

ストレスレベルを把握するアンケートをとったりしています。

 

もともとヨーガは今のヨガ(体の修養)と瞑想(心の修養)とに分かれてきました。

このヨガプログラムは、

それは、単純にヨガのポーズをとるためのものではなく、

ヨガのプログラムには、他にも色々な呼吸法、筋弛緩法といった

自己催眠の技術を使ったプログラムを組み込んで

精神的にストレスレベルを引き下げて、

気持ちの不安を減らし、日頃の生活の質を高め、リラックスできるように

自分でコントロールできるようにすることで、妊娠率を高めています。

 

 

 

妊娠にいたる過程をにとって大切なのは

妊活にとって、ヨガに通ったり、ヨガのポーズをマスターしていくことに

単純に効果があるわけではなく、

ストレス軽減の自己催眠の技術を取り入れたり、

メンタルコントロールをして、

日々安定した心で過ごし、生活の質を高め妊娠に至るまでの過程を

前向きに取り組めるようになって妊娠率は高まるといえるという事なんですね。

体の修養だけではなく、心の修養の部分を重点的に行う事で、

ストレス度が軽減し妊娠しやすい状態になります。

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい