不妊治療大国日本は…体外受精ですら治療成績は最低レベル – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

不妊治療大国日本は…体外受精ですら治療成績は最低レベル

日本は世界一の不妊治療大国

卵子の老化による不妊は女性の社会進出が進む先進国共通の課題となっています。

その中でも特に深刻だといえるのが日本になるわけです。

WHO世界保健機関では不妊に悩む夫婦は1億8600万組以上に上ると推計しています。

日本産婦人科学会の統計によると、体外受精の件数は年々倍増していて、

人口では2倍のアメリカをおさえ世界最多となっています。

不妊で悩めば不妊治療へどんどんステップアップ、

ジャンプアップしていくのも常識的な流れのようになってしまっています。

くるしくても、つらくても、とにかく耐えて治療さえ受け続ければ…

そんな期待と幻想に間違った妊活に進む方が少なくはありません。

 

日本の体外受精の妊娠率は世界最低レベル

しかし、現実をしっかりと見つめて下さい。

日本の体外受精の成功率は世界最低レベルだというのです。

 

医療が進歩し、日本の高い技術をもってしても、

治療の成績が非常に成功率が低い理由としては、

体外受精のを行う女性のうち40歳以上の人の割合はおよそ30%を占め、

他の先進国の2倍~4倍となっています。

 

外国では若い女性から卵子を提供してもらう事が認められていますが、

日本では事実上認められていません。

日本では、成功率が低いと分かっていても自分の卵子を使うしかありません

そして、日本では治療に年齢の制限を設けいていません。

日本の医師はどんな患者でも受け入れ、断らないという事です。

 

アメリカの学会で日本の事情を説明をすると、

40歳以上で治療を延々と繰り返す

のは考えられないとまで言われているのです。

つまり、非常識といわれているのです。

 

日本のクリニック側で妊娠の成功率を高くしてイメージアップをはかっているとしたら

若い患者さんを診ていた方が病院側のメリットは大きくなるでしょう。

また、高齢で体外受精での妊娠・出産にいたる可能性が低いにもかかわらず、

次々に治療を進めるクリニックもあります。

 

体外受精は40代を過ぎたら、出生率はものすごく低いのです。

たったの3~5%程度です。

でも、そこにものすごい期待と希望を抱いて、

いつまでも、いつまでも続けてしまうのです。

 

40代では、自然妊娠の方がよほど妊娠率30%と高いのに、

妊娠するためには、治療しか目に入らなくなってしまい、

心の中ではいつも不安と期待と、焦りと、妬みと、でも頑張らないと

絶えないと…と

妊活の基本を全て、どこかに置いてきてしまっています。

そういう方ほど、

ご自身の妊娠率を高めるための行動は案外できていないものです。

 

 

続けてきてダメだったのは、成否を分けるのは、病院次第だと考える事ではありません。

なので、ただ病院を変えて治療しても、案外得られる結果は全く変わりません。

 

断りもしてもらえない、確率が低い不妊治療に臨むのであれば、

それ以上にご自身の妊活において時間もお金も、エネルギーも

正しく使っておく必要があるという事です。

本質を理解されていないので、

残念ながら得られる結果は全く変わらないのです。

 

 

だからこそ、本質の部分を無料メルマガの中でお伝えしています。

 

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る