自然妊娠力をあげるメラトニンはセロトニンと関係がある – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

自然妊娠力をあげるメラトニンはセロトニンと関係がある

0goldenweek

睡眠を促し、細胞の活性化には欠かせないホルモンとして

メラトニンがあります。

セロトニンが多いと前向きで、自信にあふれ、適応力があり、穏やかになります。

このメラトニンは今では卵子の細胞内にもあって

細胞の修復に欠かせない物質として

生殖医療の現場でも注目されています。

そのメラトニンですが、

メラトニンは実はセロトニンから作られます。

そんなメラトニンについてみていきましょう。

 

メラトニンを増やす方法はこちら

 

 

セロトニンという神経伝達物質は

トリプトファンという必須アミノ酸から作られます。

この必須アミノ酸はタンパク質からとればいいのです。

肉や魚や卵・乳製品・豆腐などのあなたが日頃からとっているたんぱく質です。

体内に取り込まれてから脳でセロトニンへ変化します。

日頃から偏ってタンパク質が不足しているという場合は

食事を見直してみるといいでしょう。→食事療法について

 

また、1日あたりトリプトファンは500~600mg摂取すると、睡眠対策には有効と言われています。

なので、朝食を抜いたりするとこの数値をクリアすることは難しくなってきます。

 

1日3食 食べる事は大切に

 

体内のセロトニンの分泌量を増やすには、

午前中に太陽の光にあびる事が大切です。

冬は特に日照量が減ってきますのでセロトニンの量も減ってきがちです。

 

また、どんなにタンパク質をとって昼間に太陽にあびたとしても

 

 

睡眠不足になると意味がありません

 

メラトニンとセロトニンは反比例の関係にあります。

セロトニンの元になるトリプトファンは脳に入りにくい物質ですが、

インスリンがそれを助けてくれます。トリプトファンは普段はアルブミンとくっついていますが、

インスリンがその結合を切り離し、脳内へ入ってくる手助けをします。

睡眠不足になるとインスリンの量も減ってしまいます。

 

 

ホルモンバランスを整えたいあなたへ

エストロゲンアップで キレイ魅力的で効率的に妊娠できる体質へ

 

プロゲステロンアップ 黄体機能を高める血行をよくする習慣

 

今までの私のカウンセリングで実践してきたこと

変わりたいのに、なぜか変われない。

妊娠したいなら、ストレスをなくして、くよくよせずに

リラックスして前向きに楽しく毎日を過ごせばいい。

周囲に振り回されずに、まわりと比べずに、焦らなければいい。

でも、頭でわかっていても、そこがなぜか変えられずに、不安や恐怖心に

のまれそうになってはいませんか?

そんな目に見えない何かによって変えられなかったのを、

劇的にかえられるある方法でクライアント様のそこの

変わりたいのに変われなかった部分を打開させてきました。

その全てを盛り込んで、今回無料で配布することにいたしました。

 

あれほど不妊で悩んだのに、不妊治療もしてもかすりもしなかったのに、

自然妊娠ができるに ガラっと変わった

 

驚きと喜びの連続を創り上げた私のカウンセリングの中身をまとめました。

 

是非、あなたの妊活にお役立てください。今のうちに手に入れておいてください。

 

どうしても、ここでは言えない 「特別豪華特典」 がついています。詳しくは、レポートの最後で。

 

012

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る