ストレス軽減することは体外受精の成績に違いがでる研究で明らかに! – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

ストレス軽減することは体外受精の成績に違いがでる研究で明らかに!

0aa_5663998_1

妊活中の不妊での悩み、ストレスはかなり大きいものになります。

ストレスは体への悪影響が大きく、ホルモンバランスも崩して

不妊サイクルをさらに作り上げてしまいます。

そのためには、適切なかたちでストレスを減らし

感情をコントロールできるようになる事が大切だと言えます。

実際にストレスをコントロールするプログラムを受けた方では

体外受精を受けた場合に明らかな差がでています。

体外受精といった治療効果をたかめたり、妊娠できるように変わるための

ストレスを減らしていくプログラムはどういったものなのでしょうか。

 

こんな研究結果が出ています。

ボストンIVFセンターでは、

ある、ストレス軽減プログラムを用意し、

そのプログラムが治療成績の関係を調べるために、

初めての体外受精を受けようとしている女性を対象とした調査です。

結果としては

ストレスの軽減プログラムを合わせて受けながら体外受精を

受けた方では、妊娠成功しやすい体となって、

2.5倍もの妊娠率にひらきがでました。

 

どういったプログラム内容なのでしょうか

研究において用いられたストレス軽減プログラムは

認知行動療法,イメージ療法を基本として、

リラクゼーション法や呼吸法、瞑想、栄養療法、運動療法などです。

これらは、私のカウンセリングでも用いる方法です。

特に、認知行動療法、イメージ療法を強化して行うと

ストレスはかなり軽減するのと、女性ホルモンが整う事が

他の研究でも明らかになっています。

実際に、認知行動を変えるというのは、

自分自身の潜在意識(無意識)の部分に強く働きかけるようになるの

妊娠できる確率が上がるのももちろんですが、

妊娠できるまでの期間がすごく早くなるのを今までの経験から、

実際のクライアント様の変化から感じる事ができます。

 

 

ストレスがつよく、ツラい状態でしたら

今、不妊でストレスを強く感じて、

気持ちの中にも不安、悲しみ、落ち込み、恐怖、孤独

などなどネガティブなモヤモヤでいっぱいになっていましたら、

ストレス軽減する方法を取り入れる事で、

2.5倍以上も妊娠確率を上げる事ができるようになると言えます。

2.5倍以上の妊娠率に開きが出るという事は、

3,4回体外受精をしてやっと妊娠できる方だったら、

1.2回で成果が出せるように変われるといったイメージでしょうか。

抱えるのは夢と希望にして、ストレスとネガティブ感情は

すっと開放して、妊娠反応陽性、素敵なママになっていきましょう。

 

 

ストレスを開放して妊娠できるになりたいあなたへ

認知行動療法・イメージトレーニングを強化したカウンセリングをどうぞ

 

 

 

 

本気で赤ちゃんが欲しい方へ

あれほど不妊で悩んだのに、不妊治療もしてもかすりもしなかったのに、

自然妊娠ができるに ガラっと変えることができた方法について差し上げてます。

 

是非、あなたの妊活にお役立てください。
https://youtu.be/TqdMkMaPt8s

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る