妊娠瞑想 骨盤底筋を引き締め、モチベーションを高める方法 – 不妊解決カウンセリング│不妊・妊活・流産の悩み・相談を一緒に解決していきます

妊娠瞑想 骨盤底筋を引き締め、モチベーションを高める方法

妊活をしていると、モチベーションがあがらなくて…

なんかやる気がわいてこないと気持ちが上向きになれずに

モヤモヤと過ごすことが嫌になる時期があります。

色々考えないようにしたり、妊娠を意識しないようにすれば

するほどにネガティブに飲み込まれそうになってやる気もおきません。

 

モチベーションがわかないのは、

エネルギーが体の中で上向きに上がっていかないからです。

 

 

エネルギーの漏れを防いで流れをよくする

私たちの体にはエネルギーがあります。

「プラーナ」とか「気」とかとも言われています。

そのエネルギーが沸き起こっても、漏れ出てしまっては、

体の中も心の中も充実してこなくなります。

 

私たちの体の土台となる大事な部分は骨盤になります。

そしてその骨盤を支える骨盤底筋が弛んでいたり過度に緊張していても

よくはありません。

ヨガでもこの骨盤底筋を鍛える運動がたくさんあります。

 

エネルギーは会陰のあたり骨盤底を起源として

腰のあたりを経て頭頂に向かって流れていきます。

しかし、この骨盤底・骨盤底筋が弛んでいては気が上に向かって

あがっていかずに、モチベーションがあがらない、やる気がでない

といった問題が出てきます。

 

骨盤底筋と不妊の関係

「骨盤底筋」とは、

子宮やぼうこうといった下腹部の臓器を支える筋肉やじん帯などのことです。

これらの筋肉を鍛えていくと、

女性の下半身のトラブルを改善できることが医学的に証明されています。

骨盤底筋群が適度に引き締まっていると、骨盤内の血流も良くなり、

女性ホルモンのバランスが整えられたり、

生理不順やPMSなどの改善などにもつながり、妊娠体質に近づきます。

 

骨盤底が安定すれば、心も安定するようになります。

モチベーションを高めさらに妊娠体質を作るのに役立つ妊娠瞑想があります。

 

ムーラバンダで骨盤底を安定させる

サンスクリット語で骨盤底筋を指す言葉で「ムーラバンダ」という

骨盤底を安定させてエネルギーの流れを上向きにさせるテクニックがあります。

ムーラとは「根」という意味で、バンダとは「締める」というの意味で、

会陰部軽く引き締めること意味します。

その結果、骨盤をはじめ体全体だけでなく、心も安定していくという事です。

 

どのように引き締めたらいいの?

会陰部に意識を集中させ、

ほんとうにちょっとの力で引き上げるのをイメージできる程度の力で

引き締めてみます。

瞑想をする際にも初めにそのポーズを意識してみましょう。

瞑想も進みやすくもなりますし、

また普段の生活でも、ちょっと気づいたら引き締めるという事を

してエネルギーが上へあがっていくのをイメージしましょう。

会陰部を軽く引き上げることで、心が安定してモチベーションが高まります。

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい