妊娠したい人のための受精後もすくすく育つ食事のルール – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

妊娠したい人のための受精後もすくすく育つ食事のルール

妊娠したい方にとっては、なかなかうまくいかないでいる

受精卵が着床できてその後もすくすくと育つようにしたいということでは

ないでしょうか。

体外受精でも、着床しない、育たないと悩む方も多いので、

食事面から整えられる部分は整えられるようにしておきたいですね。

そのための受精卵がすくすくと育つ食事のルールについて

お伝えしていきます。

 

妊娠しやすくなるための食事

妊娠しやすくなるための食事があるとしたら、

食事の栄養がバランスよく整っている、

健康的な子供を育てている人の食事を真似していくのがいいといえます。

 

そのため、子だくさんママに日頃どんな食事をとっているか

聞いてみるのもとても参考になると思いますよ。

そうしてみると、びっくりするほど

食にこだわり過ぎずに、でも栄養バランスをそれなりにとれるように

いろいろ工夫されたりしています。

また、色々な多べものを食べてもいるはずです。

必至になってこれは食べてはいけないとばかりに

乳製品はダメ、肉もダメ、魚もダメ、玄米でないとダメとかはしてはいません。

けっこう、冷えを気にしている方でしたらNGとしている

トマトやキュウリやレタスなど夏野菜だって積極的にとっいます。

また、コーヒーとかも適度に飲んでいます。

 

最近では腸内環境が健康や性格にも影響することがわかっていますが、

何が重要かというと、食物繊維の摂取と腸内フローラ菌の多様性が重要とされています。

 

なので、昔ながらの和食中心で家族大勢で食卓を囲むという事が

とても重要な役割を果たしていたのかもしれないですね。

 

妊婦さんだったとしたら、出産後だったとしたら

すでにお腹にお赤ちゃんがいる妊婦さんだとしたら、

出産後におっぱいで自分の赤ちゃんを育てることを考えたとしたら、

どんな食事であることが望ましいのでしょうか。

まずは、自分の親がどんな食事を作ってくれたのか思い出してみましょう。

また、友達の親はどんな食事だったのでしょうか?

子だくさんといわれたもう少し前の世代の食事ってどんなだったでしょうか?

どんな給食を食べて育ってきたでしょうか。

 

そう考えると、

当たり前かもしれませんが、

バランスよく色々な食材を規則正しくに尽きてしまいますね。

野菜をたくさんとって、

タンパク質もしっかりと肉や魚や大豆製品などから摂取して

お味噌汁とごはんとがある定食スタイルが基本になります。

 

不妊治療中の人を対象に食事と妊娠率について研究されたものでは、

糖質がやや控えめでタンパク質が多め、野菜や果物の摂取が適度にある群の

人たちの妊娠率が一番高かったという結果もあります。

特別食材にこだわりすぎる必要性はないといえますが、

バランスよく、偏りすぎないこと、規則正しくというのはとても重要といえますね。

 

動画からも説明しています。

 

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る