えっ?おやつに何を食べるかが妊娠に影響  – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

えっ?おやつに何を食べるかが妊娠に影響 

おやつには、甘いものが手放せない…

そんなあなたは、知らず知らずに、妊娠しにくい体を作ってきているかもしれません。

甘いものに含まれる砂糖は

妊活に限らず健康的には有害とされています。

実際に糖の摂取が多いほど、最終糖の代謝産物AGEが多いほど妊娠しにくい

という研究結果もあるくらいです。

 

そこで、おやつにおススメなのが、アーモンドなどのナッツ類

アーモンドは栄養豊富で、良質な脂質とビタミンEを含んでいます。

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、トコフェロール類とトコトリエノール類に分類されます。

トリフェロールは、ギリシャ語の“tocos”“pherein”が起源といわれています。

日本語に訳すと“tocos”が「出産」で“pherein”が「授ける」になります。

まさに、妊活にピッタリといえますね。

 

また、ホルモンの総司令塔である脳細胞のほとんどが脂質で出来上がっています。

そのため、良質の脂質不足は、女性のホルモン分泌に致命的となります。

 

アーモンドの効果的な食べ方とタイミング

 

 

アーモンドは脂質成分が多いので、腹持ちが良く、

血糖値の変化も緩やかにするので、ちょっとおやつにはとても良いです。

1日3粒程度を小腹がすいた時に食べるのがおすすめです。

もしくはアーモンドチョコレート(ブラックチョコカカオ70%ほど)などです。

他にはアーモンドとミルクをミキサーにかけてつくるアーモンドミルクです。

朝食などにタンパク質と脂質をバランスよく摂取できるので良いでしょう。

 

アーモンドとカカオ70%以上のチョコレートで

ほっと一息つくおやつタイムを楽しみんで下さいね♪

 

 

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る