危険!生殖能力を激減 妊娠したいなら気をつけたい食べ物とは |

危険!生殖能力を激減 妊娠したいなら気をつけたい食べ物とは

食べ物

コットランドの研究者であるアオー氏らが2年半にわたって、

たくさんのネズミを育てる研究をしていて、生殖能力にかかわる

興味深い報告があります。

ネズミをつかって違う食べ物モノを与えたA群とB群とで

明らかに生殖能力に違いが出たという報告があります。

人間とネズミは違う生き物で、より複雑な人間にとっては食生活の影響だけとはいえません。

しかし、食べたものから体が作られ、細胞が成り立ち、

それを取り巻く神経伝達やホルモン分泌へと影響はひろがります。

生殖能力を高めるために必要なヒントはたくさん盛り込まれた報告で

今後の参考になるはずです。

 

 

食べ物が違うだけででまったくちがう健康状態に

この研究の対処になったネズミの

A群では人間が食べている普通の加熱した食事にビタミンなどを

加えた食事をあげていましたが、

そうでないB群のネズミと比べると

生殖能力に明らかな違いが出ています。

また、免疫力も低く、病気にもかかりやすく、

死後解剖によって、体の中に肺炎・腸炎・貧血などがみつかり

生殖器などにも病気が見つかっています。

不足部分の栄養を補った食事を与えたにも関わらず、病気は多発

していたのです。

 

一方では病気がなく生殖能力も高く健康的で長生き

一方で、B群のネズミたちは2年以上まったく病気もせず

健康で長生き、生殖能力も非常に高かったようです。

この食事において関係してくるのが、

栄養バランスという事だけでなく、非加熱の食品を摂取しそこからでないと

補給できない酵素などを摂取できているかどうかという点が生殖能力との関係が

見えてきます。

なので、人間の普通に食べる食事に、サプリなどで足りていなそうな栄養を

補っただけでは、生殖能力への悪影響を食い止める事は難しいのかもしれません。

妊活中は、食事や栄養を気にされる方も多いです。

高額なサプリもたくさん市場にはあふれています。

もし、飲んでみて効果が実感しにくい、ずっと飲んでいるけれど

結果が伴わないと思われていましたら、

根本から食生活を見直された方が妊娠への近道になるともいえます。

 

受精の際にも酵素が働いている

受精の際には精子と卵子の細胞膜が融合して

精子の頭部に納められていた核と中心体が卵のなかに送り込まれます。

私たち人間は、先体反応という受精の初期段階で非常に重要な過程になります。

卵近傍に精子がたどり着くと、卵細胞を取り巻く卵黄膜などの外側にくっついて、

頭部先端にある存在する分泌胞から加水分解酵素などを分泌します。

この結果、精子は卵外被を通り抜けて卵細胞膜との融合することができて受精していきます。

酵素は、透明帯を溶かして精子が卵細胞膜へたどり着けるよう手助けする重要な役割を

はたします。

体の中では代謝をはじめ様々なところで酵素は働きます。もちろん生殖の過程でも

大活躍です。

 

食べ物からの冷えを気にしすぎは危険

酵素は生きていく上で、体が良い働きをできるように色々な場面で関わる

栄養素になります。この酵素は食事から補ってあげることがベストになります。

加熱してしまうと酵素は変形してしまいますので、

非加熱で食材を摂取するということも必要になります。

なので、生の肉や魚はよくない。冷えるから生野菜も果物も避けているという場合は

酵素不足を起こしてしまいますね。

 

 

まとめ

普通に栄養面にも気をつけて、栄養バランスなどもいいのに子供ができない場合は

食べ物や栄養に問題があるだけでなく、別の原因で不妊体質になっていると言えるでしょう。

酵素はストレス対処の過程でも使われます。

不妊ストレスを抱えていると酵素の消耗もとても多くなります。

食事からしっかり補ってあげる事、ストレスを上手に対処しながら妊活していくことも

とても大事です。不妊の悩みは中々相談しにくく抱えやすく、悪循環に陥りやすいため

こじらせてしまうほど妊娠しにくくなってしまいます。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい