e2(エストロゲン)低い値でも妊娠しやすくするための3つの方法 – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

e2(エストロゲン)低い値でも妊娠しやすくするための3つの方法

e2(エストロゲン)が低いと妊娠しにくいことはご存知でしょう

妊娠には欠かせない女性ホルモンです。

そのホルモンのバランスを整える必要性と、

大事な部分を置いてけぼりに不妊治療だけにたよっても

妊娠できずに不妊治療不妊という状況に悩まなくてはいけなくなります。

 

エストロゲンの働き、ホルモンバランスを整える必要性、

整えるための妊娠したいなら知っておきたい3つのポイントを

お伝えしていきます。

 

エストロゲンの働き

生殖器の発育に始まり、

卵胞を育てて、成熟させていきます。

そのほかにも、子宮内膜をふかふかに厚くさせる作用によって

赤ちゃんのベッドをつくります。

 

検査の数値の正常範囲

卵胞期25~195(pg /ml)

排卵期66~411(pg /ml)

黄体期40~261(pg /ml)

閉経期10~40(pg /ml)

値が低い場合は

卵巣機能不全 や 脳下垂体機能低下

閉経後などではe2値は低くなります。

 

なぜエストロゲンは整えておかないと妊娠しにくいの?

このエストロゲンの整え方に始まり、

なぜ整えておかないと不妊のままになるのか、

そのために必要な3つの方法についてお伝えしていきます。

 

質の良い卵子と、ふっかふかのベット(子宮)をつくる

習慣を取り入れるようにしていきましょう。

 

 

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい