e2(エストロゲン)低くても自然妊娠できるように ホルモンバランスを整える習慣 – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

e2(エストロゲン)低くても自然妊娠できるように ホルモンバランスを整える習慣

0horumonn

 

エストロゲンの値が低くい事で、自然妊娠しにくくなってはいませんか?

不妊治療をしていても成果が出ない、

やっと移植できても中々着床しない、

着床できても育たないそんな悩みや不安はないでしょうか。

ホルモンバランスを整える習慣として日頃の生活習慣を見直しただけで

妊娠率があがったという研究報告も多数あります。

 

ホルモンはバランスこそが大事

 

多くても低くてもいいわけでもなく、

他のホルモンとのバランスもとれてこそ、整うモノです。

なので、妊娠できるに変わっていくには、

ホルモンバランスを整える習慣を取り入れていく事で

変われるようになっていきます。

 

ホルモンは脳から指令が出る

その後、血液に乗ってある特定の器官まで行って

はたらきかけます。そしてある特定の器官でホルモンを出すように

なりますが、

この 脳からの指令 途中 卵巣などある特定の器官

 

どこかにトラブルがあってもホルモンはバランスを崩します。

なので、

あなたご自身はどこでトラブルが起きている事によって

ホルモンが乱れているのかをしって

そこを改善させることが妊活の近道になるといえます。

 

 

脳にトラブルを起こすのに、

自律神経の乱れがあります。

そういった場合の対処する良い習慣を動画にてご紹介しています。

 

 

 妊娠しやすい体つくりには、冷えの改善も大切です。
ホルモンは血液に乗って運ばれる物質です。
冷えを改善することは、ホルモンバランスを整えて、卵巣や子宮の機能を
改善したり、卵子の質を高める事にもつながります。
冷えの改善のための3つの習慣 も参考になさってください。

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい