自宅でできる生理痛と月経不順 原因と改善ポイント – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

自宅でできる生理痛と月経不順 原因と改善ポイント

妊活女性にとって悩ましい部分に女性ホルモンの乱れがあります。

それによって生理痛、月経不順などで憂鬱になりますね。

生理を肯定的に捉えにくくまた、生理がきちゃた・・・と

生理のイメージも悪くなりがちです。

タイミングの取りにくさなど問題も出てきます。

生理痛と月経不順についてとその改善ポイントを見ていきましょう。

 

生理痛と月経不順

女性ホルモンの分泌に伴ってある一定の生理周期の中で

月経は起きてきます。そのため、ホルモンバランスがとれていなければ

月経周期も乱れて安定しません。

月経不順がある場合、生理痛も併せ持つことも多く、

中には寝込んでしまうほどになるケースもあります。

生理前に起こる痛みは、PMSなどによるものであったり、

自律神経の乱れで起きたりもします。

頭痛や肩こりなども自律神経の乱れからおこりやすくなります。

 

月経後に起きてくる痛みは、子宮の収縮に伴って分泌されてくる

プラスタグランジンの影響があります。

このプラスタグランジンの分泌量が多くなっても痛みが強くなります。

 

血行不良による生理痛もあります。

月経不順や生理痛を及ぼす原因はいろいろありますが、

中には病気が潜んでいるケースもあります。

そのため、痛みが強い、月経不順が続くという場合は病院での検査も必要です。

 

自分でもできる改善のための取り組みを行いながら、整えてくことができます。

病気であってもなくても、快適に生理期間を過ごせるようにして、

妊娠しやすい体を作りたいですね。

 

月経のイメージが良くないという人、

女性であることに肯定的な感情がもてないほど痛みが強くなる傾向がつよい

という報告もあります。

ストレスを感じても炎症物質が分泌されるので、痛みは強くなります。

 

原因と改善ポイント

生理痛や月経不順の原因としては、

自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、

子宮収縮の自然現象、血行不良などが影響してきます。

それらを整えるために、副交感神経を優位にするトレーニングや

瞑想やイメージトレーニングも非常に効果的です。

 

月経周期を整えていこうとするとき、基礎体温表のグラフの些細な変化

などにもこだわり過ぎないことも大事です。

ホルモンによっておきてくることなので、ちょうどに排卵が

おきないといけないとか、予定日より何日遅れるとか、

気にばかりしているとかえって乱れやすくなります。

 

上手に月経周期を整えて、心地よい生理とお付き合いしていきたいですね。

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい