不妊焦り不安からメンタル、ホルモンボロボロ、妊娠していくには? – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

不妊焦り不安からメンタル、ホルモンボロボロ、妊娠していくには?

IMG_6797

焦りすぎて心が崩れてくると、連動して自律神経も、ホルモンバランスも、

本人が自覚できる体調も崩れて表れでてきます。

心と体は密接につながりあっています。

心だけ不健康で体だけは絶好調という方は絶対にいません。

逆に、心は絶好調なのに、体は絶不調という事もありません。

もともと、私たちの体もこころを司るものも、全て

父親からの1つの細胞と母親からの1つの細胞がくっついて分裂を繰り返しながら

完成した1つの生命であって個体だからですね。

全てつながりあっています。妊娠できるいい状態にするには?をお伝えしていきます。

 

動画からもどうぞ。

 

 

こんな症状は体からのメッセージ

例え病院の検査では病気や不妊の原因として判明しなくても、

うまくいかないな~

なぜか妊娠できないな~という方は

目には見えない自律神経やホルモン、免疫系の不調も併せ持っています。

例えば、こんな症状はないですか?

 

風邪をひきやすい、歯が痛む、頭痛もち、肩こり、腰痛

PMSが思い、だるい、疲れやすい、手足が冷える、

むくみやすい、便秘気味、寝付けない、寝付きが悪い、などなど

人それぞれ、いろいろな症状をもっていたりします。

 

セミナー参加後から、

寝つきが良くなった、気になっていたホルモンバランスの乱れが改善された

というお声いただいたりします。

毎回、内容は改変されていますが、

この時のセミナーは特に女性ホルモンを整えるという点において

お伝えした回でした。

心の状態は顕著に体に現れでててき、メッセージとして教えてくれているものです。

「はやく、体を整えてね~♪」

心も体もトータルでいい状態にしていってあげることが、

妊娠へ近道になります。

 

何が受精や着床を邪魔するか

妊活に限らず、何かしらの不安を抱えていることも多く、

仕事のこと、通勤のこと、職場の人間関係の事、夫婦関係の事、家族関係のこと、

であっても抱えた心のトラブル(不安や不満・イライラ・つらさ)などは、

自律神経やホルモンや免疫系を介して、さらには、

分泌液や伝達物質や筋肉などの動きにも影響して、

受精から着床を邪魔してきます。

 

体調を整えていくために必要な事、

心(感情や思考)をコントロールして、

心地よい状態をいつでも自分で舵をとれるようにしていく事です。

 

妊娠しやすい女性は、

自分という馬の乗りこなし方をよく知っていて、

うまくコントロールできる騎手のような人なのです!!

振り回されるのではなくて、乗りこなす側になっちゃいましょう

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい