流産後から生理不順基礎体温のガタガタを整える方法 – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

流産後から生理不順基礎体温のガタガタを整える方法

流産といっても、やはり小さなお産です。

ホルモンバランスが乱れやすくなること、

また精神的に受ける影響から、

基礎体温もどうしてもバラバラで前のように2相性にならない

時期もあることでしょう。

ずっと望んでいたからこそ、授かった嬉しさから、

失った喪失感は味わった人でないと分からない悲しみがあります。

流産後も妊娠しやすい人になれるよう、整えていくことの必要性を

お伝えしていきます。

 

女性ホルモンとコントロールについて

月経をおこしたり、基礎体温に変化を起こすのは、

女性ホルモンが大きくかかわっています。

この女性ホルモンは主に卵巣から。

女性の体のコントロールに関わるのは主に卵巣ちゃん。

卵胞から、エストロゲン、黄体からプロゲステロンが分泌されています。

 

でも、この女性ホルモンを作ってくださいね~って指令を出す部分は

脳の中にある視床下部から命令がでた脳下垂体になります。

また、脳は、指令を出すだけでなく、

分泌された女性ホルモンの量を把握して、

ホルモンが足りない時はもっと出すように、そして十分足りているときは

ストップさせるように調整してくれています。

 

指令を出す部分がうまくはたらけないと

妊活を始め、流産にともなう心の苦しみや悲しみは

大きなストレスや体にとっても変化になるので

脳の視床下部には影響が出てきてしまいます。

そのため、脳から指令が出るものが乱れて、

女性ホルモンも影響を受けてはすぐに乱れてしまいます。

 

さらに、流産後に月経が来ない、不順になってしまった、

基礎体温も乱れてしまってどうしよう・・・と

紋々と不安を抱えだすと、ますます自律神経も乱れて

悪循環の一途をたどっていってしまいます。

 

妊娠を意識しただけで・・・

妊娠ということを意識しただけで、月経不順になってしまう人も

いるくらい、精神的な心の影響はダイレクトに

女性ホルモンへも影響し、

流産後の回復も送らせてしまい、それが次の不妊体質へと変わってしまいます。

 

流産を経験すると、

あの時なぜ産んであげられなかったのだろう・・・とか、

あのまま産んであげていたら・・・ママになれたのに、

また次も流産してしまったらどうしようといった

不安や恐怖心を乗り越えていかなくてはなりません。

嫌でも妊活のハードルが上がってしまうのです。

だからこそ、メンタルトレーニングは必須となり、

メンタルトレーニングを行って自律神経をはじめ、

女性ホルモンのバランスや免疫力を高めていくことで

流産後も妊娠しやすい人に早くに戻れるようになります。

 

 

妊娠率に影響を与える年齢や体型、卵巣機能の状態などの因子を

取り除いた状態で、ストレスを軽減させ、

メンタルコントロールだけでも妊娠率が向上すると

研究報告がでています。

 

心も、子宮もぽっかぽかにあったかいママになりましょう。

 

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る