心が不安定、流産後のホルモンバランス不安定をよくする方法 – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

心が不安定、流産後のホルモンバランス不安定をよくする方法

ホルモンバランスが乱れていて、なかなか整わない。

基礎体温をつけていてもガタガタで整ってこない。

妊娠できない原因に、結局はメンタル面を指摘されている方は多いです。

特に、流産を経験してからショックと悲しさから、

その後が中々整わずに少量の出血が続く、基礎体温が整わない

という事で悩まれる方もいらっしゃいます。

心の状態は、体の状態にも大きく影響していきますので、

ストレスを感いれば、ホルモンのコントロールの中枢はにすぐに

誤作動を起こし始めてホルモンバランスを乱し始めます。

妊娠しやすくするには、心を整えることは必須といえます。

不育症の原因の多くはストレスが関与します。

産婦人科の医師からもストレス対処の重要性が指摘されています。

 

 

結局色々なところからも指摘されるのは心

 

例えば、漢方薬局などで漢方を飲んでいるのに、なぜ妊娠できないのか

という問いに、○○さんの場合はメンタルも整えないとね…といわれたり、

あれだけ漢方を飲めば体質が変わるって言われていたなずのにと思われるかも

しれませんが、漢方を飲んでいても

心からでてくる影響の部分、

自律神経やホルモンバランス、免疫系を整える事ってできません。

当然と言えば当然ですが・・・。

それは、サプリにも言えるはずですし、

不妊治療にも言えます。

だからこそ、みんな結局は、色々なところで、口を揃えていわれるのです。

○○さんが妊娠できないのはメンタルにも原因がありますねって!!

 

そのネガティブな心を、

神経質なところを、

不安と落ち込み、焦りや恐怖心をコントロールして、

もっと穏やかに過ごせるように、

明るく取り組んだ方がいいですよ、

もっと気楽に取り組めるように、気の持ちようが大事ですよ、

結局はメンタルを何とかしていないとダメということを突き詰めてきます。

 

不安が強ければ強いほどに不妊に

子宮という臓器は特に感情の臓器ともいわれて、

悲しみや、悔しさ、絶望、強い不安、焦り、妬み、不満、緊張

そういったネガティブな感情を伴ったものを抱え込んでいると、

不思議とトラブルがあらわれ出てきます。

特に家庭とか親子そういったところに抱えている感情は

子宮のトラブルとなって現れ出て教えてくれます。

自律神経を介して、子宮の筋肉は緩むようになっています。

筋肉って本来は伸びて、縮んでとしなやかなゴムのように

動いているといい状態を保てるのですが、

どちらかに偏ると、ゆるみっぱなしのびろんびろんの状態になって、

血液とかの流れが滞るようになります。

そうして、子宮内膜症など、炎症がおこりやすくなって病気を引き起こします。

私たち女性の体は、すぐストレスの影響を受けるようになっています。

 

ストレスは、免疫にも関与して、不育症へ

また、そういったストレスがさらに次の流産を招いてしまいます。

妊娠したい。でも妊娠したらしたで、ただ喜べずに、

どちらかというと、恐怖心との戦いになります。

もう、二度とあの悲しみを味わいたくないと思うので、

もし流産したらどうしようと不安に駆られるようになります。

心拍を確認するまで不安で泣いて、次の受診で確認できるまでを

過度の確ストレス状態で過ごしてしまいがちです。

 

不育症専門医で、青木産婦人科クリニックの青木耕治院長は、

過度のストレスが流産につながると考えています。

 

ストレスは免疫機能と関係があり、

ストレスを感じた時は、アドレナリンが分泌され、

免疫機能をもつナチュラルキラー細胞が増えます。

受精卵や胎児を異物としてみなして攻撃してしまうようになるという説があります。

また、不安や緊張すると、自律神経の交感神経が有意になり、

血管がギュッと収縮を起こします。

そのため、血流が悪くなり、胎児への血液量が悪くなります。

そのため、原因不明不妊という方、

多くはココに原因があるといえるでしょう。

 

カウンセリングをしてきた中でも、心のトラブルをそのままに、

体外受精をがんばってしまって結果を出せずに苦しんだクライアント様もいらっしゃいました。

 

厚生労働省研究班の調査によると、不育症の原因が見つからなかった患者さんのうち

カウンセリングを受けた人の出産成功率はカウンセリングを受けなかった

患者さんより20%も高い確率で出産に至れるようになっています。

妊娠前の適切な心理的ケアが受けられた場合、流産率を下げられるという

海外の研究結果もあります。

また、ストレスケアは妊娠までにかかる期間を短縮するという研究結果もあります。

 

多くの方が、心のケアの重要性がはっきりしているにも関わらず、

そのケアを受けずに、不妊不妊と悩み続けている状態です。

妊娠したいという本人が心のケアを重要視しないために、

未だ妊娠できずに困っていることに気づいてください。

 

ストレスケアのポイント

ストレスの対処というと、発散と考えられがちですが、

有効なケアは発散ではないことが心理学で科学的に証明されています。

なので、何かお買い物や、やけ食いなど何かで発散させようとすると

かえって、心の状態は悪化してしまいます。

そのため、

ストレスへのケアは、物事のとらえ方を変えていくという事が

非常に有効になっていきます。

例えば、カウンセリングでは、

生理が来てはリセットで落ち込んで泣いてしまうという場合は、

生理がくることのメリットをたくさん見つけ出すというワークを行っていきます。

自分の物事のとらえ方が、

その人にとってストレスになるのかどうかを大きく左右するからですね。

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る