妊娠自然妊娠のためのセックスレス解消 回数よりも質を高める – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

妊娠自然妊娠のためのセックスレス解消 回数よりも質を高める

自然妊娠するには、夫婦の回数の頻度もある程度ある事も

大切なのでしょうが、

まずは、質を高める事に専念した方が結果、

回数を増やしていくきっかけになって

妊娠の確率を高められるようになります。

また、お互いに心地よさを感じる夫婦の営みでは、

分泌されるホルモンや分泌液の量が全く違います。

 

妊娠したいとばかりに、子作りのためだけのセックス、

それを義務的にする。そうすることでプレッシャーや緊張から快感も少なく、

回数がかえって増やせなくて、減る一方という

負の連鎖になってしまうので、それを防ぐためにも

心地よいコミュニケーションづくりが大切だと言えます。

そのうえで、排卵日は関係なく、週1~2回は回数をもてると

自然妊娠できるに変わっていきます。

 

 

夫婦の関係を深めるためのコミュニケーション

セックスは、夫婦の関係を深めるための

大切なコミュニケーションの一つです。

でも、中々快感を得られない。気持ちいいとは思えない。

心地よさを感じられない。

それでは、とても回数を増やそうとしても

無理がかかります。イヤイヤ義務的に回数を増やしても

体の生理反応は負の反応をするので、

妊娠には近づけません。

 

日本人は世界的に見ても心地よさを感じていない

パートナーのためにも、心地よさを感じたい。

そう思う女性も多いはず。

でも実際は心地よさや快感とは程遠い・・・そういう人は

多いのではないでしょうか。

イギリスのコンドームメーカーDurex社が世界26か国26000人を対象に

行ったセックスに関するアンケート調査では、

毎回、ほぼ毎回オーガズムに達するかという質問に、

日本人は男性43% 女性11%と

平均の 男性64% 女性32%を大きく下回りました。

さらに、オーガズムに対する満足度はさらに下回り

世界的にみても最下位だったのです。

 

心地よさ・快感にはリラックスと興奮が必要

リラックスした状態では血管も緩んで、血の巡りが良い状態と言えます。

血行が良いと、快感も得やすくなります。

なので、夫婦の営みの前には

リラックスできるバスタイムや

その後も靴下ははいた生活をしておくという工夫で

快感を得られやすくなります。

 

日々、忙しい、疲れた、時間がないと、

大切なコミュニケーションの質を高める工夫を怠ってしまうと

かえって、不妊になりやすい夫婦関係になりかねません。

1回、1回の関わりを大切にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

それでも、

不妊で悩んでいる時には、

色々気を付けても、中々効果が出ない事もあります。

ネガティブな感情や考えを

手放せなくて、

わかっていても、落ち込んでしまっていませんか

本当にこのままで妊娠できるのか不安な方

今までの妊活で成果が出せず焦っているという方、

医学的以外に、不妊の原因はもっと別のところ【潜在意識】にもあります。

妊活を長期化させたくない方、

結果を出せるように変わりたい方、

ママになって赤ちゃんを抱きたい方は

今だけ、レポートをプレゼントしています。

 

 

012

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る