排卵日に性交渉を行ったとき、妊娠できる可能性はどれくらい? – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

排卵日に性交渉を行ったとき、妊娠できる可能性はどれくらい?

自然妊娠を希望しています。排卵日に性交渉を行った場合の妊娠の可能性は?

良くある間違いのひとつですが、タイミングが排卵日に合っていれば、
必ず妊娠出来るというわけではないという事です。

 

妊娠できる確率は、みなさまが想像している確率よりも、
ずっとずっと低い状態ではないかといえます。

 

男女ともに若く、身体に異常がない健康状態であり、
定期的に性交渉があって、避妊していない場合、

排卵日にタイミングを合わせて性交渉を行ったとしたら
1回で妊娠できる可能性は、20~25%くらいと言われています。

 

色々な条件をクリアした場合ですね。(特に定期的な夫婦のラブは大事です)

 

でも実際は、加齢、ストレス、栄養の偏り、体の不調など、
心身ともにほんとうに様々なトラブルを抱えているケースが多いです。
そのため、現実的な確率としては、
妊娠の確率は20%よりもっと低いといえるでしょう。

さらに、子宮や卵巣の異常、精子や卵子の質の低下など、
不妊の要素がある場合には、さらにさらに確率は下がるものと思われます。

受精したとしても、その後に着床しないといった問題もでてくるからです。

 

またタイミングとしましては、

排卵日が最も妊娠しやすい日とは限らないということです。

最も妊娠しやすい日は、必ずしも排卵日とは限りません。
体質には個人差があり、一律的には言い難いという点と、

お一人、お一人、1周期ごと違いも出ます。

排卵日を厳密に特定することもかなり難しいので、
妊娠しやすい時期をより具体的に言いますと、

「排卵日前後を含めた5日間」になります。

 

 

基礎体温表の見方で排卵期を見極めるには?

せっかく測っている基礎体温表も見方が間違っていると、

正確な妊娠しやうい日は逃してしまいます。

基礎体温をつけて一番体温のグッと下がった日が排卵日だと

思っている方は少なくありません。

しかし、排卵は低温期から高温期にかけて移行するどこかで

おこるだけで、下がった日とは限りません。

そのため、基礎体温表では低温期から高温期にかけて

グラフが変化していくタイミングをつかみ取れるようになることがとても大切です。

この移行期5日間くらいの間のどこかで

排卵がおこるということをどうか知っておいてください。

 

1年間でみた、年齢と妊娠確率の関係

健康的なカップルが1年間避妊せずに性交渉を行った場合の妊娠率は、

年齢別に見ると

20代で約80%、

30代前半で約60%、

35歳以降で約50%、

40代前半では約30%、

45歳以降には5%以下 程度と下降していきます。

 

それでも、45歳までは自然妊娠も非常に可能性をのこす方法なので、

希望をもってとにかくご自身の心と体のメンテナンスを大事にしてください。

それは、不妊治療を受ける方も同じです。

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい