高齢でも妊娠率高められます【遺伝年齢】より卵子の質を高めて! – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

高齢でも妊娠率高められます【遺伝年齢】より卵子の質を高めて!

昔の方が高齢出産 卵子の遺伝子年齢は関係ありません!

厚生労働省の人口動態統計によると、

1000人当たりの40歳以上の出生数は、1925年と2010年とを比べても、

5倍以上も昔の方が高齢出産だったんです。

もちろん、1925年って、今のように医療も進んでいません。

はじめて体外受精が成功したのは1978年のことでしたが、

その時ももちろん、高齢出産している方の方が、断然多かったですね。

今よりも、栄養面でも恵まれていない時代もあったでしょう。

医学も進歩せず、薬もなく、それでも出産できていたのです。

大事なのは、卵子の細胞の質を高めあられるのか、

受精卵が定着できる整った体つくりができるのかです。

 

妊娠に関係するのは、遺伝子年齢ではない

卵子細胞のDNA(遺伝子)の年齢は関係なく、

それを包み込んでいる卵子細胞自体の

質さえ良ければ、妊娠しやすいことが研究で判明しています。

高齢、年齢ばかりを気にしなくても、

卵子細胞の質さえ高められれば妊娠率は上げることができるのです。

つまり、年齢で妊娠しにくくなるのではなく、

卵子の質を下げる生活習慣が、不妊を作り上げてしまうという事です。

卵子の質が低ければ不妊治療をしても、移植できるまでに育たなかったり、

卵子の質を低下させる生活では、ホルモンバランスも乱れているので、

どうしても、移植後にしっかり定着せずに不育で悩まなくてはなりません。

それを改善していかれるのは、不妊治療ではなく、ご本人にしかできないことです。

 

妊娠しやすくするためには、

正しくタイミングをとることに加えて、

正しい妊娠しやすい体つくりが大切です。

 

 

卵子の質がたかく、そして、

受精卵がしっかりと子宮に着床・定着できる力が

本当に必要とされる妊娠力です。

 

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい