子作りや妊娠のための葉酸サプリ。選び方や摂取のポイント

子作りや妊娠のための葉酸サプリ。選び方や摂取のポイント

子作りや妊娠中にサポートしてくれる栄養素の一つが葉酸。
 
お肌や認知症にも効果が期待されているので、
 
男性でも注目している人は多いようです。
 
効率よく葉酸を取り入れるために、葉酸サプリの選び方や
 
摂取する時の注意点を知っておくと良いでしょう
 

葉酸サプリ選び

市販の葉酸サプリは天然オーガニック葉酸、葉酸塩など本当に種類が多く、
 
口コミやおすすめを参考に選ぶ人も多いと思います。
 
ランキング上位、値段が高いからといって比例していい商品とは限りません。
 
きちんと自分で成分を調べて選ぶ事がとても大切。
 
 
葉酸サプリと言っても、葉酸だけではなく鉄分、カルシウム、ビタミンなどが
 
配合されているので日常生活、妊活や妊娠中に女性が悩まされる
 
問題のサポートにもお役立ちしてくれます。
 
葉酸だけではなく、不足しがちな栄養素を考慮して選ぶのもおすすめ。
 
 
そして、気を付けなければいけないのが添加物の有無。
 
全ての添加物が有害というわけではないのですが、
 
ママの健康や赤ちゃんに害がある添加物を使用していないか
 
成分を調べるようにしてください。
 
原料に添加物が使用されていなくても、製造の過程で着色料、
 
化学調味料などの添加物が使用される場合もあるのです。
 
「添加物なし」と記載されていても念のためチェックしておくと良いでしょう。
 

葉酸サプリの摂取方法

葉酸の推奨量は厚生労働省により成人女性、男性共に1日240μg(マイグラム)、
 
妊活中は640μg、妊娠中だと480μgが推奨されています。
 
1日の上限目安は1000μg。
 
過剰に摂取してしまうとがんリスクが高まるだけではなく、
 
葉酸過敏症となってむくみ、睡眠障害など副作用がおこるので
 
摂取する量は十分に守って下さいね。
 
 
葉酸は他の栄養素も含まれている事が多く、
 
他の栄養も過剰に取りすぎてしまう危険があります。
 
ビタミンAは免疫力を高めるために効果的ですが、
 
摂りすぎてしまうと奇形児リスクが上昇してしまいますので、
 
サプリへの依存には十分注意して下さい。
 
もちろん葉酸サプリを2種類のメーカーで同時に
 
摂取するのは絶対にやめておきましょう。
 
 
また、海外製品は日本人の推奨されている量と違う事がありますので、
 
日本人向けの推奨量を参考に摂取するようにして下さい。
 
サプリを飲む時は葉酸の吸収を妨害するカフェインやアルコールと一緒に飲まない、
 
持病がある人は飲んでみたいなと思うサプリがある時は、
 
主治医に相談して医師の指示をしっかり守るようにしましょう。
 

まとめ

手軽に栄養素を取れる便利商品ではありますがサプリで妊娠ができるわけではない
 
という事をきちんと理解し、3食しっかり栄養バランスの摂れた
 
食事メニューを心がける事を大切にしていって欲しいです。
 
 
栄養バランスの整った料理を勉強する事は、
 
赤ちゃんが産まれてからの離乳食作りや子供の栄養管理が
 
自然とできるようになるのでおすすめ。
 
愛情は隠し味なんて言葉がありますよね。
 
ママの手料理好きになってくれるかなと楽しく作る事で、
 
気持ちもハッピーに美味しい料理で、旦那さんも喜んでくれる事間違いなしです。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい