30代で子作りに踏み出せない。妊活のタイミングはいつ?

30代で子作りに踏み出せない。妊活のタイミングはいつ?

社会での女性の活躍が目立つようになった近年ですが、
 
晩婚化や高齢出産の増加の原因の一つでもあります。
 
それに伴い高齢での不妊に悩む女性が急増。
 
30代に入ると妊娠率はどんどん低下していきますので30代の子作り、
 
妊活のタイミングを知っておきましょう。
 

30代女性が妊活を思いとどまる理由

10代、20代の頃から仕事を始め、目標を持ち仕事に取り組む
 
30代のキャリアウーマンの女性はかっこよく憧れる同姓異性も多いですよね。
 
30代はキャリアアップのチャンス時期でもあり、
 
不妊や妊娠率について知っているものの仕事と赤ちゃんどちらを優先するべきか、
 
両立が出来るのかと悩んでしまう女性も多いのではないでしょうか。
 
時が経つのは早いもので、悩んでいるうちに1年、3年と時が過ぎ、
 
落ち着いたころには妊娠しづらい体になっていたという方も少なくないようです。
 
また、不妊に悩む30代女性であっても、通院や治療は仕事に支障が出てしまいそう
 
という先入観から病院へ行く事も思いとどまってしまうようです。
 
 
東京大学の入試での女性差別化問題が発覚したように、
 
女性への「妊娠して退職するのだから…」という職場でのハラスメントも存在します。
 
女性機能を保つための生理の痛みに耐えながら迷惑はかけまいと奮闘し、
 
心と体の不調を抱え妊娠し赤ちゃんを守り、痛みに耐えながら出産する女性は尊敬するべき存在。
 
プライドを持ち仕事をしてきた人にとって、心ない言葉は非常に辛いものです。
 
周囲の理解がないという事も妊娠に踏み出す事が出来ない理由でもあると言えるでしょう。
 

30代の妊活タイミングは?

30代で子作りを行うタイミングは妊娠を考え始めた時がベストと言っていいでしょう。
 
加齢と共に卵子は減少、老化、質が低下していきます。
 
妊活開始から妊娠するまでに要する期間も長くなり、
 
流産率、死産率にも影響があり、女性特有の月経不順、
 
子宮筋腫などの疾患といったトラブルも増えてくるのです。
 
そのため、少しでも赤ちゃんと旦那さんと過ごす日々を想像し、
 
授かりたいと思った時に妊活するのがベスト。
 
 
もちろん、仕事と妊娠どちらを優先するか自分で決める事です。
 
どちらを選んでも後悔は少なからず出てくるでしょう。
 
もし、妊娠を優先すると一度決めたのであれば妊活に重点を置くようにしてください。
 
妊娠中期のつわりがひどくて会社を休む事、妊娠後期にお腹が張ってしまったら
 
早退する事も赤ちゃんを無事に出産するために必要な事です。
 
休みがちになってしまっても甘えているとストレスを感じる必要はありません。
 
母として子供を守るのは当然。とても誇らしい事なのですよ。
 
あなたにしかできない仕事もあると思いますが、赤ちゃんにとってママもあなた。
 
たった一人だけなのです。
 

まとめ

仕事はやりがいがあって目標をクリアした時の達成感は本当に嬉しいですよね。
 
妊娠、出産も困難を乗り越え、赤ちゃんに出会えた時は涙が出る程幸せで嬉しいものです。
 
嬉しさはどちらの方が上か。それは経験してみなければ知る事はできません。
 
仕事か妊娠かで悩んでいる女性がいるのであれば早めに決断する事も大切。
 
赤ちゃんはパートナーがいなければ授かる事はできませんので、
 
夫婦で一度話合ってみてはいかがでしょうか。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい