50代更年期のイライラ。子作り生活に影響していませんか?

50代更年期のイライラ。子作り生活に影響していませんか?

40代後半から50代にかけてやってくる更年期。
 
妊娠を望む女性にとっては妊娠への不安と重なり心の沈みに
 
大きく影響を与えてしまうでしょう。
 
子作りを希望する家庭では、セックスレスにならないためにも
 
更年期の症状を軽減させる事が大切です。
 

更年期症状の種類

更年期は女性ホルモンであるエストロゲンの減少が原因。
 
エストロゲンが減少してしまう理由は加齢による事がほとんどですが、
 
不規則な生活習慣やストレスからもホルモンバランスが乱れてしまい、
 
30代といった若い年齢でも更年期症状に悩まされる女性も多くありません。
 
 
更年期症状には、ほてりを感じるホットフラッシュ、肩こり、めまい、
 
イライラ、冷えなど数百種類以上も症状があり、心や体に影響を及ぼします。
 
肩こり、腰痛、冷えなど慢性の方にとっては気づきにくく、
 
あれ?と異変を感じる頃には症状が悪化し、
 
日常生活に支障をきたす更年期障害と発展してしまうケースもあるので要注意。
 
 
また、妊活中は不妊の不安、更年期によるイライラ、
 
自律神経の乱れなど多方面からのストレスを受けるために心のケアを怠ると、
 
すぐに気持ちの落ち込みとして現れてしまうのです。
 
女性ホルモン分泌低下をする体の仕組みは一緒でも、
 
人により症状の種類や度合いは違ってきます。
 
若い頃に睡眠が十分ではなかった、ジャンクフードばかりを食べていた、
 
喫煙しているなど心当たりがある方は十分に注意しましょう。
 

更年期症状を軽減させる方法

更年期症状が発症しないように予防する事も出来ますが、
 
もし発生してしまった場合でも症状を緩和させる事が出来ます。
 
病院での治療法には抗うつ薬、漢方薬、心理カウンセリングなどがありますが、
 
ホルモン補充療法は子宮がん、子宮筋腫、不正出血などのリスクが考えられているため
 
できるだけリスクのある治療法は避けたいですよね。
 
そのためには、体と心を日頃から意識して更年期かなと
 
早めに気づき行動を起こす事が重要になってきます。
 
 
更年期症状軽減のためには生活習慣の見直しが一番!
 
栄養バランスの取れた食事、有酸素運動、十分な睡眠時間の確保など行っていきましょう。
 
また、エストロゲン補い似た働きをしてくれるエクオールのサプリメントもおすすめ。
 
研究でも更年期症状の改善結果が出ています。
 
エクオールは大豆イソフラボンの代謝産物になるため、
 
サプリメントだけではなく大豆食品を積極的に取るようにしてくださいね。
 

まとめ

更年期は倦怠感、心の沈み、性交痛などセックスレスの原因となる心と体が大きく関わっています。
 
50歳で自然妊娠をしたいと望むご家庭ではセックスレスは大きな問題。
 
更年期とどう向き合うかが自然妊娠を成功させるカギでもあるのです。
 
更年期は女性だけではなく男性もなる可能性があります。
 
夫婦で楽しい食事、ウォーキングなど心と体のケアを一緒に行っていきましょう。
 
一緒に過ごす時間が多ければ多い程にパートナーの心と体の異変にも気づく事が出来ます。
 
赤ちゃんの事ばかりを考えすぎてパートナーの心と体のトラブルを見逃さないように、
 
夫婦のコミュニケーションはしっかりとっていって下さいね。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい