50代自然妊娠に向けた子作りでは冷えから体を守りましょう

50代自然妊娠に向けた子作りでは冷えから体を守りましょう

冷えは体が元気ないですよと教えてくれているサイン。
 
危険信号を察知して改善する、悩まないように予防する事は、
 
妊娠しやすい体作りにも繋がります。
 
冷えを感じる女性が多い50代では自然妊娠に向けた子作りのために
 
冷えから体を守っていきましょう。
 

年齢を重ねると冷え性になる?

若い頃から冷え性とは無関係と言う人でも、歳をとるにつれて最近手足が冷たいな…。
 
と感じるようになったのは加齢が原因かもしれません。
 
年齢を重ねると筋肉量が減っていってしまう、代謝の衰えが冷えをまねくと考えられます。
 
冷え性は女性に多いとイメージを持つ方もおられますよね。
 
だけど、最近では男性や体温の高い子供まで冷え性に悩まされているのです。
 
暑い時は熱を逃がす、寒い時は熱を作る。
 
 
これが本来の人の持っている機能なのですが、夏はクーラーに冷たい飲み物、
 
冬は厚着にホッカイロと温めすぎが温度調整する機能を鈍らせてしまっているのです。
 
女性に冷え性が多い理由は筋肉量が男性よりも少ないからと言われていいますが、
 
仕事でのデスクワーク、休日はゴロゴロ家でのスマホゲーム、
 
夜遅くまでのSNSなどで運動不足や睡眠不足、
 
不規則な生活が男性の冷え性を増加させています。
 
冷えを感じたら温めるのではなく、黄色信号が出ないように規則正しい生活、
 
栄養バランスの摂れた食事なども考えていく必要がありますね。
 

冷えの改善は自律神経がポイント

体が冷えてしまうと体を温める事に集中してしまいますが、
 
ホッカイロなどは過剰にあたためてしまう可能性があります。
 
妊娠には子宮を冷やさないようにすると言われていましたが、
 
太い動脈が通っているので冷えの心配はありません。
 
暑熱ストレスで卵巣機能に悪影響を与えてしまうという結果報告もあるので
 
温めすぎには要注意。
 
妊娠に必要な女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは
 
血液によって運ばれているので、妊娠と関係ないかと言われると、
 
まったく無関係とも言えません。
 
血液を送り出し、温度調節を行ってくれるのは自律神経。
 
自律神経は呼吸、臓器の動きなど自分で意識しなくても働いてくれる
 
生命活動には欠かせないシステム。
 
 
仕事中のオンモードでは交感神経が働き、
 
リラックスのオフモードでは副交感神経が優位になり、
 
バランスをとりながら体を管理してくれています。
 
私たちにとって重要な働きをしてくれていますが、夜更かし、
 
ジャンクフードばかりの食生活、喫煙など、
 
健康によくない生活で簡単にバランスを崩してしまいます。
 
妊活の焦り、不妊の心配、仕事のストレスなどでも悪化してしまうので
 
コントロールする事が容易ではありません。
 
規則正しい生活を送っても冷えを感じるようになったら、
 
自覚がなくても心が疲れているのかな、
 
最近笑っていないかなと心に目を向けてあげて、
 
ケアしてあげる事を考えてみると良いでしょう。
 

まとめ

冷えを感じたら、体と心のどちらかが悲鳴を上げていると気づいてあげて、
 
ケアしてあげる事が赤ちゃんを授かるためには重要なポイントです。
 
また、冷え性は、自覚のない隠れ冷え性という方もいるので、
 
冷えを感じないからと油断は禁物。
 
自然妊娠を成功させるためには、
 
冷えを感じなくても妊娠機能を高める生活を行って下さいね。
 
体だけではなく、冷えから心も守ってぽっかぽかの子宮を手に入れちゃいましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい