20代の忙しい旦那との子作りでは心と体の「癒し」から

20代の忙しい旦那との子作りでは心と体の「癒し」から

「疲れた」「忙しい」こんな理由で夜のお誘いを断られてガッカリした経験はありませんか。
 
女性として魅力がないのかも…。
 
落ち込む前に、仕事バリバリの20代で子作りを希望するのであれば
 
セックスの前に相手を癒してあげる事を考えていきましょう。
 

疲れをとる事がセックスレス解消

性交渉が拒否されてしまう理由には
 
「妻に魅力がない」
「家族になってしまって女性に見えない」など
 
女性には落ち込んでしまう情報がたくさんで、
 
もしかしたら私の旦那さんも!
 
と悲しい気持ちや心配になってしまいますよね。
 
 
性欲はある、妻を抱きたいと思っているけれど、
 
本当に仕事疲れが原因という事もあるのです。
 
男性は疲れた時にエッチしたくなると聞いた事はありますよね。
 
それは、集中する時に出るアドレナリンと男性ホルモンのテストステロンが関係あるからで、
 
疲れている時に女性のポカポカした柔らかい肌に触れたいと思うのは間違いありません。
 
だけど、疲れが極限を迎えた人は布団に潜り込んですぐにでも寝たいと思ってしまうもので、
 
好きだから抱けるでしょは大きな間違い。
 
 
疲れていると肉体的にも、精神的にも子作りへの意識は向かわなくなってしまうものです。
 
仕事で疲れている旦那様に夜のお誘いをかける前に、
 
体と心の充電ができるように癒してあげる、
 
支えてあげる事から始めてみましょう。
 

体と心を癒す方法

疲れた体を回復させる方法には入浴など色々な方法がありますが、
 
おすすめなのはやはりスキンシップも取れて、
 
いいムードにも持っていく事ができるマッサージ。
 
血行促進など体に直接良い効果をもたらすだけではなく、
 
気持ちよくて心も癒されますよね。
 
何より、自分を気にかけてやってくれた相手の気持ちが嬉しいものです。
 
体の疲れを癒したら次は心の癒し。
 
 
男性は人に弱みをみせるのが嫌いで苦手なため、
 
一人で抱え込んでしまう傾向にあります。
 
上手に悩みや愚痴を引き出して聞いてあげる、
 
聞き上手な妻になる事がポイント。
 
途中でアドバイスや否定的な意見で話の腰を折ってしまわないように注意して下さい。
 
聞き上手になれば自然とセックスについて
 
相手がどう思っているのか知る事が出来るかもしれませんよ。
 

まとめ

パートナーの事を一番分かっているのはお互いを知り、
 
惹かれ合って結婚したあなた自身です。
 
彼がどんなタイプかによって癒してあげる方法は異なりますので、
 
彼にピッタリの方法で心と体をリラックスさせてあげましょう。
 
拒否されて相手とのコミュニケーションを避ける、
 
相手の気持ちが変わるのを待つといった受け身ではセックスレスは解消できません。
 
どうしたらそそられるか、その気にさせる事が出来るか積極的に
 
工夫やアプローチ方法を変えて行動を起こしていきましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい