30代でも更年期!?子作りを望むならプレ更年期は油断大敵

30代でも更年期!?子作りを望むならプレ更年期は油断大敵

閉経前後におこる更年期ですが、卵巣機能が低下し始める30代でも、
 
もしかして更年期かなと思うようなプレ更年期症状は出てきます。
 
若くして更年期と聞くとゾッとしてしまいますよね。
 
子作りを希望するのであれば初期症状でしっかり対策をしていきましょう。
 

プレ更年期とは

更年期はだいたい40歳後半~50歳前半の閉経を迎える前後10年間の事を言います。
 
プレ更年期とは医学的に言葉は存在せずに定義が曖昧ではありますが、
 
更年期と似ているイライラ、ほてりなどの症状が出始める30代後半の事を示します。
 
 
30代に入ると仕事をバリバリこなすカッコいいキャリアウーマン、
 
子育て真っ最中で日々子供と戦うたくましいママなど、
 
体はストレスを感じているけどストレスに気づきにくい、
 
ストレスに自覚はあるけど発散できる時間がないとお悩みの方も多いでしょう。
 
そして、自宅に仕事を持ち帰り夜遅くまで起きている、
 
子供が寝てから深夜まで家事や用事を済ませるといった不規則な生活にもなりがち。
 
これらが、30代でもよく分からないイライラがおこるプレ更年期の原因でもあるのです。
 
 
生殖機能だけではなく加齢と共に様々な機能が低下していくため、
 
20代の頃と比べて太りやすい、肌が荒れやすいと女性にとって「嫌だな」が急増。
 
放っておくと、体力や見た目年齢だけではなく、
 
妊娠しやすい体にも影響が出てしまいますので、初産を迎えたい方、
 
二人目を希望される方の不妊の悩みと繋がっていってしまうのです。
 

プレ更年期の対策と予防

プレ更年期症状や更年期症状では、栄養バランスの取れた食事、
 
質の良い十分な睡眠、禁煙といった健康に悪いとされている生活習慣の
 
改善を行う事で予防や対策をする事が出来ます。
 
サプリで栄養素を補う事は出来きてもストレスの軽減は出来きません。
 
そのため、心の休息時間を作ってあげる事がとても大切。
 
 
仕事で忙しい方は仕事時間とリラックス時間をきちんと決める、
 
育児奮闘中ママは旦那さんに相談してストレス発散でウィンドウショッピングに
 
出かけるなど夫婦で協力して行っていきましょう。
 
どうしても時間が取れない日は3分でできるストレッチ、深呼吸でリラックスなど
 
隙間時間を上手に活用するのもおすすめ。
 
 
忙しくてなかなか時間を作る事が難しいと思いますが、
 
プレ更年期で無理をしすぎてしまうと更年期障害の悪化、
 
女性ホルモンの減少が早まり生理不順や早期閉経など、
 
不妊体質になってしまう可能性がありますので、
 
きちんと心のケア時間を作っていきましょう。
 

まとめ

プレ更年期症状は自律神経の乱れや疾患が原因で起こる症状もあるため、
 
体に異変を感じたら放っておかずに病院へ行くようにして下さい。
 
また、プレ更年期症状を発症させないため、不妊体質のリスクを減らすためにも
 
ストレスを溜めないようにする事は大切。
 
 
妊娠中でもホルモンバランスの変化、腰痛や頻尿といった体のトラブルにより
 
イライラは募っていきます。
 
赤ちゃんにとってイライラしているママのお腹は居心地がいいものではありません。
 
将来妊娠をしたいという方は子作りを始める妊活前から、
 
ストレスの上手な発散方法を見つけておく事がおすすめですよ。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい