またまた30代カウンセリングで妊娠、そして男の子を無事出産 |

またまた30代カウンセリングで妊娠、そして男の子を無事出産

カウンセリングを受けてきて自然妊娠、そして男の子の出産です。

始めは、夫から名前ですら呼ばれず、ねぇ・・・と話しかけられる仲、

パートナーと名前で呼び合うという事から始めていっていただいた夫婦の関係。

相手のことを尊重し合っているかは、呼び方や接し方にもあらわれてきます。

恥ずかしさや照れくささなどもそうですが、

恥ずかしいからと言って言葉にしなければ相手には何も伝わらないですよね。

気持ちは言葉と必ずつながっています。

自分が思っているように人に接してしまうものですから。

愛溢れる夫婦関係をまずは築いていくこと。

そして、妊活ではその愛の形が、男と女であることが絶対的に大切なのです。

そんな異性を意識していくことも取り組んでもらったことの一つです。

 

仕事もしながらの妊活ではストレスも多く抱えていて、

そんなところを何とかしたいと、メンタルケアを受けに来てくださいました。

 

また、カウンセリングを受けだしてからラッキーなことが続いて、

そんないいことづくめの中、妊娠も引き寄せるかのように妊娠されていった方です。

 

不妊で悩む女性の中で、ストレスを抱えず悩まない人はいないのではないでしょうか。

そもそもストレスすら感じないとしたら悩んでもいないので、

子供を強く望みすぎていない、子どもをすぐ授かっているなど

不妊期間がそう長くない場合です。やはり、妊娠できずにいる事で不安や焦りは

どうしても感じやすいでしょう。

メンタルケアに取り組むことで、前向きな心を取り戻したり、

仕事をしていても職場での人間関係もとても良好になります。

夫婦関係も、心が変われば接し方が変わるので、思いやりや、仲良し、

そして、男と女でしか成り立たない性的な愛し合いも増やしていかれます。

 

現実は、思い描いた心の中の状態がそもまま反映されている世界とも言われています。

どんなことを思い、どんなふうに暮らすかで、手に入れていくものが変わってしまうのですから

自分が得たいようにコントロールできた方が自分の人生を楽しめるはずです。

 

運の良さすらも科学的に証明されていて、心の状態で5つの要素を兼ね備えることで

ラッキーな人生にも変わってしまうのですから、

いかに心を変えていくことが大切かも感じます。また、メンタルケアや心のトレーニングが

健康や老化、妊娠しやすさにも影響が出てくるのです。

命を生み出す女性が笑って、楽しく生活することが、妊活の基本になっていくことは

間違いがない事だといえます。

 

心を変える事に取り組むことが妊娠への近道という事です。

そうして取り組んだ結果として、ハッピー妊娠を引き寄せているのですから

あなたも自分の人生をも舵をとって楽しんでいきませんか?

カウンセリングではうまく話せない、緊張する、受けるのにも勇気がいると思って

いる方もたくさんいますが、上手に話すことが大切なのではないので、大丈夫です。

 

自分がこのままでは嫌

今のままではダメだ。そう思ったら、変えていきませんか?

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい