自然妊娠での子作りが厳しくなる40代は、生活習慣が大切

自然妊娠での子作りが厳しくなる40代は、生活習慣が大切

自然妊娠が厳しいと言われ始める40代ですが妊娠するチャンスはございます。
 
そのため、40代で子作りを考え始めるご家庭では夫婦共に、
 
妊娠しやすい体作りのための生活習慣がとても大切ですので実践してみて下さい。
 

酸化ストレスは妊娠にも影響

酸化ストレスは専門用語になりますので、一般的には「体がサビる」と分かりやすい言葉が
 
使われているので、こちらを聞いてピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
酸化ストレス(体がサビる)とは活性酸素によって細胞がダメージを受けている状態の事。
 
 
本来、細胞内には活性化酸素と戦ってくれる抗酸化物質が備わっているのですが、
 
普段の生活の過ごし方によって大きく減少。身体にどんどん老廃物が溜まっていき、
 
動脈硬化など様々な日常の疾患や症状だけではなく、
 
アンチエイジングケアといった美容や妊娠率にも影響を与えてしまうのです。
 
また、酸化から体を守ってくれる物質も加齢と共に減少してしまうため、
 
40代や50代の自然妊娠が難しいと言われる年代では、
 
酸化ストレスを受けるような乱れた生活習慣は見直す事が
 
自然妊娠へのポイントの一つになってくると言えるのではないでしょうか。
 

酸化ストレスを受ける生活習慣

健康面にも害があるとされている、精神的ストレス、睡眠不足、喫煙、飲酒などは
 
基本的に酸化ストレスを受ける原因になりますので、すぐにでも禁酒や禁煙を行いましょう。
 
食生活の乱れも原因とされていますが、
 
マーガリン、インスタント食品、スナック菓子といった
 
体を酸化させる食べ物もあるので注意が必要。
 
反対に、アボカド、トマトといった体の酸化を防ぐ食べ物もございますので
 
抗酸化を助けてくれる食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。
 
 
また、体のサビを取るのに効果的なコエンザイムQ10などのサプリも
 
発売されていますので、補助のために使用するのはおすすめですが、
 
過剰摂取は効果を発揮しない、体に影響があるといった事も考えられるため
 
摂取量はきちんと守って使用して下さい。
 
 
そして、意外かもしれませんが、激しい運動のし過ぎも
 
酸化ストレスへの影響があると言われています。
 
肥満は妊娠率に関係があるため、体重増加防止やダイエットのために運動を
 
始める方もいらっしゃるようですが、
 
軽いウォーキングや自宅でのストレッチがオススメです。
 

まとめ

妊娠率は様々な要因で影響があるとされ、なかなか妊娠が出来ないとお悩みの方は
 
焦ってしまい過激なダイエット、過剰にサプリの摂取などを行いがちになってしまいます。
 
しかし、ナイーブになりすぎてしまい、精神ストレスはかえって逆効果。
 
焦らずに、赤ちゃんに選んでもらえるような体作りを行っていきましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい