40代の妊活ではテンダーラビングケアで流産の悩みを改善

40代の妊活ではテンダーラビングケアで流産の悩みを改善

妊娠を望む30代、40代は流産の確率も高まり、繰り返す流産の場合は不育症として

原因を探しテイク方向性です。流産には精神的なストレスも影響するため、

妊娠を望む女性にとって愛で包み込むようなテンダーラビングケアが有効です。

 

40代女性は特に流産率が高まります

40歳では40%、45歳では50%というのが40代での流産率です。

妊娠しても流産もしやすく、赤ちゃんを授かっていくためには直面しやすい

トラブルとも言えるでしょう。年齢の上昇にともない卵子や精子の劣化、

ホルモンバランスの乱れなどにより流産もしやすくなってしまう年代です。

 

流産を繰り返すストレスで安心できない

妊活悲しむ女性

妊娠したからといって喜びだけで過ごせないのが、流産を経験している場合です。

流産や死産の経験は非常に強い悲しみや落胆につながり、精神的なダメージも大きく

うつになってしまうケースもあります。

不妊はつらく、精神的にストレスを抱えることが多い問題に加えて、

喪失にいよるネガティブ感情は女性の心から安心感を奪ってしまいます。

繰り返すほどに恐怖心も抱きやすく、安心できない日々をおくります。

そのため、また流産しやすくなるという悪循環にも陥りやすい点もあります。

繰り返す流産や不育症にはテンダーラビングケア(TLC)という心を

優しい愛で包み込むケアという事で、カウンセリングを通じて心を癒していきます。

ストレスを感じると、自律神経が乱れ心も体も不健康には傾いてしまう点があります。

妊娠を望む女性は心穏やかに過ごせることが望ましいでしょう。

 

テンダーラビングケアとは

ハートの木

テンダーラビングケアとは、今では不育症の治療の一環として心のケアとして

取り入れられています。優しく、愛情を持って妊娠・出産を望む女性に寄り添って関わる

、そして、いたわっていくという”という、あたたかいケアです。

この心のケアは、特に何か体に痛いことをするのでもなく、注射や薬を使用するでもなく

妊娠前から妊娠中に精神的なケアを行うことで赤ちゃんを授かり出産しやすく

貢献してくれるケアです。

 

流産後に影響 妊娠しやすテンダーラビングケア

子宝祈願女性

治療のように薬を使うこともなく、魔法を使うわけでもありませんが、

妊娠を望む女性の心が癒されることによって得られる安心感と主に、

テンダーラビングケアTLCにより赤ちゃんの妊娠率や出産する確率が

高まったという科学的なデータも出ています。

また海外では不育症のガイドラインとしてテンダーラビングケアをガイドラインに入れている

国もあるようです。2006年にイギリスやデンマークの研究チームが、

習慣流産の夫婦に実施すべき治療法として「テンダー・ラビング・ケア」を挙げています。

もちろん、禁煙やダイエットやアルコール摂取についても触れていますが、

心を癒していくことの重要性がうかがえます。

妊娠しやすさを作っていくのは、ストレスのケアと言えるでしょう。

しかもテンダーラビングケアは、妊娠前、妊娠中のTLCは精神的な安定だけでなく

妊娠継続にも有効であるという報告もあり、無事妊娠、そしてその継続、出産までを

サポートしてくれるケアと言えるでしょう。

 

テンダーラビングケアがどれくらい有効か

 

図の引用 不育症の診断と治療 慶應義塾大学医学部婦人科 丸山哲夫

 

流産回避のためにテンダーラビングケアがどれくらい有効になるのかみてみましょう。

テンダーラビングケアを行ったことで流産を回避している割合がたかっており、

ストレスを緩和し、安心して女性が過ごせるように関わる事の重要性がお分かりいただけるかと

思います。逆に、心のケアを欠いては授かりにくくなることもうかがえますね。

 

心のケアができる環境が少ない 表出できない悲しみ

悩む不安女性

流産や死産を経験した女性は、心の中に抱えた苦しみを吐き出せずに悩む方もいます。

不妊で悩んでいる事も言い出せずにもいますし、喪失したつらさも周囲に吐き出せずにも

います。また、このつらさは、妻だけでなく、夫も抱えていることが多く、

流産を経験後、夫が妊活に消極的になってしまうというケースもあります。

もう、二度とあの思いをしたくない、悲しみ妻を見たくないと思うところがあります。

女性は女性で、赤ちゃんが欲しいと思いながら、授かったら怖いという思いも

同時に抱える様になります。妊娠前から不安を抱え、妊娠してからも不安を抱え、

心のケアができないままに過ごしてしまいがちです。

今はテンダーラビングケアを取り入れている病院なども増えてきてはいるものに、

本音をさらけ出せない、言えるような状況ではないという事を漏らす女性も妊活セミナーなどに

参加いただくと耳にします。

 

40代女性はテンダーラビングケアで妊娠しやすくなって

妊婦妊娠

40代女性は、流産にも直面しやすく、妊娠を維持することも難しい年齢です。

だからこそ、精神的にも穏やかにストレスケアをすすめながら妊活をしていく

事が望ましいと言えるでしょう。つらさや悲しみを抱えたままでは

なかなか次の赤ちゃんに出会う事が遠ざかってしまいます。

習慣流産の患者を二つのグループに分けてTLCを行ったところ、

TLCを受けなかったグループでは33%に対し、

TLCを受けたグループでは86%のカップルが出産したというスウェーデンの

研究結果もあります。不育症などのメカニズムはまだ解明されていません。

有効なカウンセリングなどを活用していきましょう。

 

 

 

参考文献

不育症診療 日本医科大学付属病院 https://www.nms.ac.jp/hosp/section/female/guide/cure002.html

治療法としての「テンダー・ラビング・ケア」/妊娠しやすいカラダづくりhttps://www.akanbou.com/steps/step4/03.html

不育症について/井上レディースクリニック http://www.inoue-ladies.jp/infertility/fuiku/

流産の心理とケア/看護roo!  https://www.kango-roo.com/sn/k/view/1792

妊娠しやすいカラダづくり http://www.akanbou.com/steps/step4/03.html

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい