赤ちゃんが欲しい使用すべきは布ナプキン?紙ナプキン? |

赤ちゃんが欲しい使用すべきは布ナプキン?紙ナプキン?

ナプキン生理月経

妊娠しないからと、今まで紙ナプキンを使ってきたけれど

布ナプキンに変えて子宮に高分子ポリマーの

経皮毒が蓄積されないように・・・なんて思ってはいませんか?

布ナプキンを使うとホルモンバランスが整うとか、

経血が変わるとか、いろいろな情報もあるかもしれません。

妊娠しやすさや生理期間を心地よく過ごせるようにするために

布ナプキンがいいのか、それとも紙ナプキンがいいのかお伝えしていきます。

 

紙ナプキンで経皮毒?

経皮毒という情報についてです。

紙ナプキンを使用していると、皮膚をから浸透して、毒素が

子宮にたまっていくといった内容の情報です。

ただ、こういった毒素は、皮膚を間を浸透できるかなり小さい分子でなければ

体内に吸収され、子宮に蓄積されるという事はおこりません。

そのため、通常、紙ナプキンを使用することで、

子宮に毒が蓄積されるという事はないでしょう。

また、百歩譲って吸収されたとしても、子宮に蓄積というのもおかしい話です。

薬などもそうですが、体内で吸収されると、血液にのってめぐり、代謝され、

徐々に体内からは排泄されていきます。

だからこそ、飲んだ薬でさえ、ある一定期間でまた次の薬を飲まなくては

その薬の濃度を維持することができません。

 

実際に私は紙ナプキン派です。

もし皮膚に触れているところからそれほど毒が進入していくのであれば、

まずは皮膚に毒が蓄積されるのが普通でしょう。

そのため子宮ではなく会陰部に毒が蓄積され問題が出てくるという事がおきるはずです。

ナプキンに求めて欲しい事

ナプキンを変える事で劇的にホルモンバランスが整うとか、

月経周期が改善されるという事も期待はできないでしょう。

使用するナプキンに毒性が強いわけではありませんので、安心して

心地よく生理期間を過ごすためのありがたいアイテムとして

使用してほしいと思います。

結論から言うと、布ナプキンでも、紙ナプキンでもどちらでもよいのではないでしょうか。

また、紙ナプキンは子宮を冷やすという情報が出ていることもありますが、

それも全く根拠がないことでしょう。

紙ナプキンでも吸った経血をいつまでも放置せずに

交換すれはいいだけのことですし、

そうでなくても、子宮がある骨盤内には太い動脈も通っていて

簡単に子宮が冷えるわけがありません。

冷えるというイメージを持つことの方がよくないといえます。

 


タンポンを膣に入れても化学成分は入らないし、体内に蓄積もしません。

“子宮系の病気になる説”に対しても、何度も言いますが「デマ」です。

出典: 宋先生コメント


そんなの全部ウソですよ。

化学物質はコワイなどと、漠然とした恐怖心をあおる「経皮毒(けいひどく)」

という有名なデマが広まっているせい。化学物質が体内に溜まるなんてありえません。

出典: 宋先生コメント


 

 

月経期間を心地よく女性であることに喜びを

便利なアイテムもあります。心地よく月経期間を過ごし、

月経がある事へ感謝して、女性である喜びを感じながら、

日々過ごすことで、もっともっと心も体もいい状態に近づくことができます。

血液の流れがスムーズであることで、

ホルモンバランスが整った子宮内膜が厚くなっていくふかふか子宮に近づいていきます。

いろいろ気にして、ありもしない情報に振り回されて神経質になってしまうのは

もったいないです。

快適に過ごし、便利なアイテムを使いながら女性として

イキイキと過ごしていきましょう。

布か紙かで妊娠できるかどうかが決まるわけではありません。

パートナーである夫から女性として求められ、愛されるかの方が重要です。

 

↓↓↓動画から説明しています↓↓↓

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい