妊娠しにくい40代の子作りにはサプリメントもおすすめ

妊娠しにくい40代の子作りにはサプリメントもおすすめ

妊娠中に良いとされている「葉酸」と言う言葉を良く耳にしませんか?
 
葉酸は妊娠中だけではなく、妊活にも効果があると言われている優れもの。
 
加齢が原因で妊娠しにくい40代にはサプリメントと上手に付き合って
 
子作り計画を成功させましょう。
 

加齢でおこる不妊の原因

喫煙、飲酒といった生活習慣でも不妊体質になってしまいます。
 
生活習慣の改善を行う事は出来ても、年は自然と取ってしまうもので防止策はございません。
 
まずは、加齢が原因で起こってしまう不妊原因をしっかりと把握しておきましょう。
 
卵子は精子と違い、女性が産まれた瞬間から体の中にあり新しく作られる事はないと言われ、
 
年齢を重ねる度に卵子も老化し減少を続ける事で高齢不妊の原因になります。
 
 
また、卵子の老化は受精卵になりにくい、着床しづらいといった他に体外受精を行っても
 
成長しないケースも見られるため、これ以上卵子を老化させない事が必要。
 
そのため、40代で子作りを希望する方は、喫煙、禁煙、食生活の乱れ、睡眠不足といった
 
卵子が老化に繋がる生活習慣は改善する事が不妊治療への第一歩です。
 
また、女性だけでなく男性の精子にも老化はございますので、
 
夫婦で協力して行っていきましょう。
 

サプリメントで卵子の老化防止

自然妊娠では難しいと言われた場合でも、体外受精で成功する可能性もございます。
 
卵子の質を上げる事は体外受精での成功率にも関係がありますので、
 
赤ちゃんを授かりたいと強く思う方は、卵子の老化防止は行わなくてはいけません。
 
食生活で必要栄養素を摂取する事もできますが、
 
忙しいと思うようにこなすのはとても大変ですよね。
 
そういった時に便利なのがサプリメント。
 
 
無理に摂取しなければとメニューを考えていては
 
精神的なストレスも余計にかかってしまいますので、
 
無理せずにサプリメントに頼ってみてもいいでしょう。
 
しかし、サプリではあくまで栄養の補助になるという事で、
 
必ずしも効果が出るという訳ではないので
 
補助食品としての位置づけで摂取する事をおすすめします。
 
有名な葉酸以外にも、ビタミンC、コエンザイムQ10、亜鉛、リコピンなど
 
様々な成分があります。
 
 
しかし、過剰摂取による逆効果、体調や胎児への影響などデメリットもある
 
成分もございますので、きちんと把握したうえで使用を行っていきましょう。
 
また、不妊治療を行っている方はきちんと先生に相談してから
 
サプリメント選びを行いましょう。
 

まとめ

高齢の方だけでなく卵子を老化させない事は子作りにおいてとても重要ですが、
 
若い頃は子作りについてあまり考えておらず偏食やダイエット、外食やコンビニ頼り。
 
乱れた生活を行っていた方も多いのではないでしょうか。
 
しかし、過去の事を後悔しても先には進めません。
 
後悔よりも今赤ちゃんに会うための出来る限りの努力を行っていく事が大切。
 
サプリメントはプラセボ効果として頼りにもなりますので、
 
根本的な体質改善をおこないつつ、補助食品として摂取していきましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい