40代で子作りを考えている方へ知っておくべき妊娠数値

40代で子作りを考えている方へ知っておくべき妊娠数値

高齢出産が増えていると世の中では言われていますが、
 
実際に20代・30代以上に出産までたどり着くのが難しい40代の方へ、
 
あきらめる事ない高齢妊娠を望む女性が希望を抱ける数値で、
 
自身を取り戻すきっかけをお伝えいたします。
 

40代の妊娠は無理?

40代の女性が排卵日近くに性交渉した場合に、
 
妊娠する確率は1周期あたり約5%と言われています。
 
20代では約25%~30%、30代前半で約25%~30%、30代後半で約10〜18%、
 
40代になると5%以下まで妊娠する確率が減少するとされ、
 
健康状態が良い40代の女性が、妊娠する可能性が100人中で5人未満
 
といったかなり厳しい数値があげられています。
 
 
そして、40代に入ると妊娠したとしても流産の確率もあがるので、
 
5%の妊娠に喜びを味わったとしても、流産してしまう可能性が高いので、
 
40代前半で約40%、45代後半で約50%。10人の方の中で、
 
4〜5人が流産してしまう可能性があるという事です。
 
 
このように、加齢や老化による卵巣機能の低下が40代における
 
不妊の代表的な理由と言えるでしょう。
 
卵子の残存数も低下し、残っている卵子の染色体異常率も高くなるため、
 
まず妊娠する能力のある卵子を排卵させることが厳しいといった結果が、
 
40代における妊娠の難しさともいえるでしょう。
 

40代で子作りを考える方へ

40代で性行為を行い、排卵したとしても受精、分割、着床といくつものハードルを乗り越えて、
 
やっと妊娠といった事になりますが、流産の可能性もまだ残されています。
 
このように、高齢妊娠が難しいといわれる理由は卵子の老化と、
 
卵巣機能の低下が原因とされます。
 
 
そのため、不妊治療でも行き詰まり、ストレスが溜まることにもなってしまうのであれば、
 
卵子の細胞質のアンチエイジングを行っていくことに取り組んでみてはいかがでしょう。
 
そして、卵子の細胞を活性化させる方法がないと言った情報もありますが、
 
全く可能性が残されていないと言うわけではありません。
 
卵子とうい細胞の遺伝子をとりまく細胞質の質を変えることは可能となるので、
 
卵子の質を高め、受精卵がしっかり定着できる力をつけていくことを試してみましょう。
 

まとめ

加齢・ストレス・食生活の乱れ・栄養の偏り・悪い腸内環境・有害重金属・炎症などなどよって
 
体調は悪くなるため、機能低下は、すべての細胞の衰えにつながります。
 
そのため、40代で考える妊娠力は細胞の質を活性化し健康的なカラダを
 
手に入れる事が大切な心がけとなっていく事でしょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい