基礎体温 高温期が短い場合の妊娠しやすくしていく方法 – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

基礎体温 高温期が短い場合の妊娠しやすくしていく方法

高温期が短くて心配な場合の対処法

基礎体温のグラフをみて高温期が短く心配ということはありませんか?

そういった場合の原因と妊娠しやすくしていく対処法を見ていきましょう。

 

排卵後に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)には、

子宮内に妊娠しやすい環境を整える役割があります。

そのため、排卵後は体温が上昇し、高温期が訪れます。

 

高温期が短いということは、

黄体機能の低下や黄体ホルモンの分泌量減少が考えられます。

生殖器や子宮内膜の血流も悪い状態です。

子宮内膜が薄いと妊娠しづらい、流産しやすいといったリスクがあります。

また無排卵や黄体機能不全を患っている可能性もあります。

高温期は10日以上維持した方がいいとされているため、

血行を良くするために、定期的な全身運動を取り入れ、

筋肉量を維持することも大切ですし、

自律神経を整えてホルモン分泌がスムーズにいくように

メンタル面を安定させていきましょう。

まずは、心の在り方を転換させない事には、プラスの方向に未来を変えることができません。

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい