男性からセックスに誘われるには 妊活成功心理学 |

男性からセックスに誘われるには 妊活成功心理学

男女 抱き合う

男性が男性として自信を持てないと、女性をセックスには誘えないもの。

だからこそ、男性が勃起障害や射精障害があれば、

どれだけ妊娠するためにはセックスした方がいいとか、

タイミング合わせた方が良いと分かっていたとしても、

ダメな自分さらけ出すことは男性としてのプライドが傷つくから苦しくなりますよね。

男性がセックスを誘ってくれる、性生活に意欲的で性欲が高まったら嬉しいと思っていたら

男性から愛されるための妊活成功のための心理学を心得ておいてください。

 

男性は男としての自信をくれる女性を愛する

不妊治療も男性が積極的になれないのは、

妊娠させられない、妻が最も望む妊娠を自分の力で叶えてあげられないというのに

直面していくことに前向きになれないから。

男性だって、不妊治療は男としてダメって烙印を押されるかもと思うと積極的には

なりにくいものです。原因がたとえ自分になかったとしてもやはり中々妊娠しないというのは

男性からしても相当ストレスであり、自信を持てなくもなってしまいます。

 

男性は、自分に男としての自信をくれる女性が大好きです。

妊活中こそ、パートナーから愛され、大事にされ、セックスにも誘ってもらえたほうが

いいに決まっています。

 

男の人は、自分を認めてくれる、褒められる、感謝されると

内発的なモチベーションが高まり、凄く意欲的になることが科学的に証明されています。

パートナーには自信をもってもらって、自分は、女性として愛してもらって、

セックスにも男性から誘ってもらえるようにすることがポイントになります。

 

男性の内発的なモチベーションを高める心理学

1972年、ロンチェスター大学のデジ博士の論文では、

パズルを自発的にやるようになるか研究をし、

人は、成績に対する金銭的な報酬や、ちょっとした罰の予告などの

成績に対するネガティブフィードバックは内発的なモチベーションを下げ、

褒めるなどの言葉でのフィードバックは内発的なモチベーションを高める

エンハンシング効果を示しています。

誉め言葉をもらえることは、人は内発的なモチベーションが最も高まり意欲的になるという事です。

さらに、1975年にはこのエンハンシング効果は、褒められる側が男性で、褒める側が女性の

場合に見られる事も発見されています。

男性は、女性、特に、結婚をしていたら一生涯を添い遂げようと思った

自分が大切にしたいと思っている女性から認め褒められることで、

男性は最もやる気を高めてその女性を幸せにしたいと意欲的になれるという事。

 

エンハンシング効果を活用していくために

夫をどれくらいほめちぎり感謝しているかをまずは振り返ってみましょう。

結婚したら、やってもらって当たり前になってしまっている事ってありませんか?

そして、妊活を始めたら、

妊娠するためには、

もっともっと頑張って、もっともっとこうやって、

色々調べたらあなたのその習慣は絶対にNG!

どうして、あなたは言ってもわかってくれないの?

どうしてあなたは、協力してくれないの?

何で、あなたはそんなことしちゃうの?

私はこんなに頑張っていろいろやっているのに・・・・

感謝どころかいつしか不満が膨らんでいて、ついつい、パートナーには

不満な態度をとってしまったり、イライラして当たってしまう事もあるかもしれません。

 

感謝はしているし、ありがとうも言っていますよ。そんな女性も意外といっぱい。

でも、夫から愛されて、セックスまで頻繁に誘ってもらえるようになるには、

圧倒的に感謝の仕方を変えて、圧倒的に感謝の回数を増やすという必要があります。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい