排卵出血?不正出血との違いと出血サインの観察ポイント |

排卵出血?不正出血との違いと出血サインの観察ポイント

お腹にハートを持つ女性

月経ではない時の出血があると、気になるものですね。

出血のタイミングによっては生理反応であるものもあれば、

放置してはならない不正出血である場合もあります。

今回は排卵出血と不正出血についてお伝えしていきます。

 

排卵出血とは・・・

まず、排卵出血とは、妊娠しやすい時期を教えてくれるシグナルになる

出血です。

排卵出血とは、排卵の際に生じる出血のことで、

生理周期の14日前後に生じる生理現象でおこる出血です。

排卵出血は、卵子が卵巣の表面を飛び出した際に

毛細血管が切れることによっておこります。

排卵出血は、排卵直後におこるため、

排卵日のおおよその時期を見定める目安にもなります。

ただ、必ずしも出血を伴うとは限りませんが、

出血は1日、もしくは2~3日程度で止まり、量もごく少量という特徴もあります。

必ずどなたにもあるわけでもなく、

ないからといって心配はいりません。

 

 

不正出血とは?

これに対し、不正出血とは、正常時の月経・排卵期以外で生じる出血のことを

いいます。不正出血の原因は、

ホルモンバランスの乱れや生殖機能の異常が主な原因となります。

排卵期における排卵出血は生理的な現象なので、病気などの

心配もありません。

しかし、不正出血がたまたま排卵日と重なって出血するケースもあり、

必ずしも安心というわけではありません。

排卵出血の場合は、出血期間は短く量も少量ですが、

不正出血の場合には、大量に出血したり、出血期間が長く続くという場合があります。

不正出血は症状や量がまちまちです。

そのため、

出血のタイミング、量、出血が続く期間などをご自身で観察しているのが

問題のない出血なのか、不正出血なのかを見極めるポイントにはなるため、

ご自身の体からのサインには気をつけてあげたいですね。

 

不正出血には、 重大な疾患が隠れている場合もあります。

生理時以外の出血の量が少量だからといって、放置しない方が良い場合もあります。

 

他にもあるこんな出血

受精卵が子宮に着床する際におこる出血で、着床出血と呼ばれる

出血もあります。こちらも不正出血ではありませんので、

心配がいりません。

 

出血が不正出血か、排卵出血、着床出血などの生理的なものかを

確認するには、日頃から自分の体からのおりものや

や出血サインなど注意深くみていて気づいていてあげると

わかりやすいと言えるでしょう。

出血と排卵日が一致しているかは排卵のタイミングと会っているのかなど

確認しておくのもよいでしょう。

 

それでも、生理時以外の異常な時期における出血には注意が必要となります。

そのような場合には、早めに専門医に相談されることがおススメです。

 

 

妊娠したい場合、なにか婦人科系の病気を併せ持っていた場合

妊娠しにくくなったりもします。

治療できる病気は治療することで安心してお過ごしいただけます。

それと合わせて、

妊娠しやすい状態に導くようにご自身の心と体を整えなおす必要があるという

サインでもあることを知っておいてくださいね。

 

不妊で悩む時、不妊症状別チェックしておきたいQ&A

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい