妊娠しやすさに影響!不妊症改善の食品にアーモンド  |

妊娠しやすさに影響!不妊症改善の食品にアーモンド 

アーモンド

おやつには、甘いものが手放せない…

そんなあなたは、知らず知らずに、妊娠しにくい体を作ってきているかもしれません。

甘いものに含まれる砂糖は糖化を起こさせ、妊活に限らず健康的には有害とされています。

実際に糖の摂取が多いほど、最終糖の代謝産物AGEが多いほど妊娠しにくい

という研究結果もあるくらいです。

不妊改善に朗報!アーモンドに含まれる栄養素が妊娠しやすさをお助けしてくれますよ。

 

妊娠に関係 アーモンドのビタミンE

アーモンドは栄養豊富で、良質な脂質とビタミンEを含んでいます。

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、トコフェロール類とトコトリエノール類に分類されます。

トリフェロールは、ギリシャ語の“tocos”“pherein”が起源といわれています。

日本語に訳すと“tocos”が「出産」で“pherein”が「授ける」になります。

まさに、妊活にピッタリな食品といえますね。

 

また、ホルモンの総司令塔である脳細胞のほとんどが脂質で出来上がっています。

そのため、良質の脂質不足は、女性のホルモン分泌に致命的となります。

質の良い脂質を食べ物から摂取していることは

ホルモンバランスを整えていく上でもとても重要になってきます。

 

アーモンドの効果的な食べ方とタイミング

 

 

アーモンドは脂質成分が多いので、腹持ちが良く、

血糖値の変化も緩やかにする食品です。

糖の多い食品は、代謝の最後にできるAGEを増やしてしまい

体の中の細胞を劣化させていってしまいます。

そのため、糖質が少なく、腹持ちもよいアーモンドは

ちょっとおやつにはとても良いです。

1日3粒程度を小腹がすいた時に食べるのがおすすめです。

もしくはアーモンドチョコレート(ブラックチョコカカオ70%ほど)などです。

他にはアーモンドとミルクをミキサーにかけてつくるアーモンドミルクです。

朝食などにタンパク質と脂質をバランスよく摂取できるので良いでしょう。

 

ビタミンEの効果

・抗酸化作用

アーモンドに含まれるビタミンEには抗酸化作用があります。

抗酸化作用は細胞が参加してさびるのを防ぐ効果です。

 

・血行促進

・コレステロール値を下げる効果がある

LDL(悪玉)コレステロールの数値を下げる効果がありますが、

一見、LDLコレステロールが悪い働きをすると思われが、糖質と結合した

糖化LDLコレステロールが体内で悪い働きをします。

 

ビタミンEを多く含む他の食品

アーモンドのほかにもビタミンEを多く含む食品はたくさんあります。

植物油やナッツ油の他、落花生などに多く含まれます。

他にも野菜ではほうれん草やかぼちゃ、木綿豆腐や卵、レモン,キウイフルーツ,

たらこ,マヨネーズ,いわし,うなぎなどにも含まれています。

ビタミンEは比較的食事から充分摂取できる栄養素なので、

サプリから摂取することで過剰摂取になってしまいます。

ビタミンEの過剰摂取は骨粗しょう症をまねきます。

そして、糖質の取りすぎも酸化を促進して細胞を傷つけたり、

老化のもとになってしまいます。

そのため、甘いお菓子などは避け、ナッツ類やほかの食品をとるように

するとよいでしょう。

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい