不妊治療の成績に関係するのは卵子の質  |

不妊治療の成績に関係するのは卵子の質 

日本は世界一の不妊治療大国なんです

卵子の老化による不妊は女性の社会進出が進む先進国共通の課題となっています。

その中でも特に深刻なのが日本といわれています。

 

WHO世界保健機関では不妊に悩む夫婦は1億8600万組以上に上ると推計しています。

日本産婦人科学会の統計によると、体外受精の件数は年々倍増していて、

人口では2倍のアメリカをおさえ世界最多となっています。

ここから見えてくる問題点を見ていきましょう。

 

日本の体外受精の妊娠率は世界最低レベル

これほど不妊治療を受けている方が多いにも関わらず、

日本の体外受精の成功率は世界最低レベルだというのです。

 

なぜでしょう。

日本の技術だけが遅れているのでしょうか?

 

医療が進歩し、日本の高い技術をもってしても、

治療の成績が非常に成功率が低い理由としては、

体外受精のを行う女性のうち40歳以上の人の割合はおよそ30%を占め、

他の先進国の2倍~4倍となっているという事があげられます。

 

 

外国では若い女性から卵子を提供してもらう事が認められていますが、

日本では事実上認められていません。

日本では、成功率が低いと分かっていても自分の卵子を使うしかありません。

そして、日本では治療に年齢の制限を設けいていません。

日本の医師はどんな患者であっても断ってすらくれないという事です。

 

でもこれは、アメリカの学会で日本の事情を説明をすると、

40歳以上で治療を延々と繰り返す

のは考えられない非常識なこととまで言われているのです。

 

日本のクリニック側で妊娠の成功率を高くしてイメージアップをはかっているとしたら

若い患者さんを診ていた方が病院側のメリットは大きくなるでしょう。

また、高齢で体外受精での妊娠・出産にいたる可能性が低いにもかかわらず、

次々に治療を進めるクリニックもあります。

とはいっても、病院にだけ原因があるわけでもありません。

 

成功率がどうでも、確率ではなく、

「自分たちの子供がほしい」その強い思いは全く変わらないことでしょう。

不妊治療の背景には成功・失敗という言葉だけではかたずけられない

1組1組の重みがあります。

だからこそ、妊娠するため必要なことをしていくという事だといえます。

 

卵子提供から見えてくることは?

日本では認められていない卵子提供ですが、卵子提供を受けた場合の

体外受精での妊娠率は40歳くらいは年齢に関係なく妊娠質は30%程度です。

その後45歳くらいになれば一気に低下していきますが、

この卵子提供から見えてくることは、

妊娠に大切なのは、産む側の女性の年齢よりも、卵子の質という事になります。

 

そうすると、卵子の質を高めること、また受精卵が着床し順調にはぐくむことができる

母体の環境を整えることの大切さがはっきりと浮き上がってきます。

 

医学的な力では、この部分はできない事です。

また、現場の医師たちが無力感を感じている部分だということを認識しておいてください。

 

日本では、どれだけ確率が低くても、治療をしてくれます。

であれば、大切なその部分こそ、自分で改善できる部分をしてから臨まなければ、

結果を得ることはできません。

 

一概に年齢だけが卵子の質を決めているわけではありません。

まだ、あなたにはできる事があります。

不妊治療は細胞同士をくっつけてくれるお手伝いです。

その細胞の質を改善するのは自分次第ということです。

細胞の質に目には見えないですが、

思考・感情・ストレス・脳機能といったものも多大に影響している事実を認識してください。

 

また、40代以上で必要以上に不妊治療を繰り返していないかは再度立ち止まって欲しいと思います。

体外受精が全てではありません。

逆に40代は自然妊娠の方が確率は高いのです。

色々を見失わないで欲しいと思います。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい