ポッコリおなかに要注意!妊娠したい人のための改善方法 |

ポッコリおなかに要注意!妊娠したい人のための改善方法

女性の生殖能力は、男性からは本能的に、しかもかなり

瞬時に見抜かれることが研究ではわかっているようです。

では、どんなところから見抜かれているのか・・・というと、

なんと、ウエストのくびれとなります。

 

どれくらいくびれているといいのか、

どうやってくびれを作っていくといいのかを

お伝えしていきます。

 

 

生殖能力をしめすウエストのくびれとは

生殖能力の高さをアピールするのが、

女性ではウエストのくびれが1つ指標となります。

特に、妊活をするばあい、女性ホルモンが整っているのか、

エストロゲンが分泌されているのかって気になるところだと思います。

エストロゲンが充分分泌され、エストロゲン濃度が

満たされている場合、くびれが生じることが

科学的にわかっており、ウエストとヒップとの比率をみてみると

だいたいその比率が0.7~0.8におさまります。

 

ホルモンバランスを整えて、ウエストにもくびれを出し、

生殖能力の高さをアピールしていくには

まず行っていくべきことをみていきましょう。

 

妊娠しやすい、くびれを作り出す方法

まずは、ホルモンバランスを整えていくことが大切なので、

日々の生活面での習慣を整えていくという事が前提になります。

睡眠・食事・運動、そして、心の状態を整えていくことです。

特に食事面では、妊活の食事としても注目を浴びる生殖能力を

高めてくれるのに一役かってくれる青魚などに含まれる良質の脂肪として、

オメガ3脂肪酸の摂取もおススメです。

比較的、ヒップやバストにつきやすい脂肪とされています。

より魅力的なボディラインをつくっていきましょう。

 

それに加えて、

体のラインにメリハリをつけていくエクササイズを行っていきっましょう。

ウエストを引き締める運動と、ヒップに筋肉や脂肪をつけていくように

取り組んでいくといいでしょう。

また、エクササイズの後には、かるくマッサージをしてあげることで、

筋膜リリースといって、筋肉の代謝を高めてくれる効果があります。

組み合わせることで効果を出していきましょう。

 

ウォーキングなどの全身をつかった有酸素運動と合わせると、

より効果が出やすくなっていきます。

 

動画からもお伝えしていきます

 

具体的な運動やエクササイズなどは、セミナーなどで

一緒に実際に行っていくので習得して、ぽっかりおなかや、たるたるお腹はさようなら

授かるくびれをつくっていきましょう~

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい