気になるタイミング!妊娠率を上げるその1日を追及しすぎると – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

気になるタイミング!妊娠率を上げるその1日を追及しすぎると

妊活をしていると、感心が高いのが妊娠しやすいタイミング

排卵日を知りたい!!その日を突き止めたい!!

卵子の寿命は24時間なんだから、とにかくその時に合わせないと!!

その事ばかり考えて、どうにかタイミングさえ合えば妊娠率が高まると

思っていませんか?

そして、そのタイミングが合っているのかどうか、

うまくタイミングを合わせられない、

基礎体温表や、排卵検査薬、頸管粘液の状態、病院での卵胞チェックなどなど

徹底的に調べつくそうとしてはいませんか?

そうするほどに、妊娠率は下がっていくことでしょう。

 

 

受精だけなら高確率

受精だけならもっと高確率で受精はされているといわれています。

20代の健康的で避妊なく性生活がある夫婦の場合は、

受精率は80%近く、でも妊娠率になると20%近くまで下がるといわれています。

また、体外受精を考えたら、受精した受精卵を移植するのですから

100%のはずです。それでも、妊娠率は20%程度、40代になればたったの5%以下です。

しかも妊娠した人たちの統計からみると、

大体が4回までで妊娠しているということです。

 

妊娠したいからこそ、そのタイミングの精度を高めて、

妊娠したいと思われるのでしょうが、そこには大きな落とし穴があります。

 

妊娠しやすい人ほど、タイミングばかりにこだわらない

妊娠しやすい時期というのは排卵期であって、

その排卵のタイミングというのは、神経の伝達とは違って、

ホルモンの指令によっておこるものなので、

誤差が出たり、タイムラグがあったりするものです。

そのため、妊娠しやすい人は排卵日を特定することよりも、

排卵期を把握する程度で充分とします。

いつ排卵がおきてもおかしくないとされるゴールデン期間の5日間さえ把握できれば、

それ以上はどうでもいいのです。

逆に、その日1日をのがずまいと必死になっている女性に、

果たして男性は、本能的で生理的欲求に近い性欲を感じてくれるでしょうか?

女性としての性の魅力を感じて、欲情するのでしょうか?

かえって、子どもを作らなくては、妊娠させなくては、

余計な事をパートナーに考えさせて、

性生活そのものが危うくなる可能性の方が高まります。

 

排卵日を把握しにくい状態になっていたとしたら

基礎体温表、排卵検査薬、子宮頸管粘液の観察などを合わせれば、

自分の体の変化を読み取ることは可能です。

しかし、これらを使ってもうまく読み取れないとしたら

ホルモンバランスが相当に崩れているか、

排卵障害、無排卵といった問題があったりする可能性がでてきます。

病院で診てもらって排卵がおきているのかどうかチェックしてもらって

問題がなければ、タイミングばかりにこだわっても

さほど妊娠しやすくなるとは言えません。

問題があればそれを改善するためのことをするしかありません。

 

いくら知識を生かして頭で考えてもそれはあくまで顕在意識の範囲です。

それを上回る、

潜在意識の力、直感とか、なんとなく・・・にはとても及びません。

肩に力を入れて、頭で考えれば考えるほどにいい結果から遠ざかります。

私も、今までカウンセリングでは、タイミング指導にばかり

エネルギーを注ぐという事はほとんどしてきていません。

でも、みなさん妊娠されていきます。

排卵期5日間を捉えれれば充分です。

 

なので、病院でタイミング指導を受けなくては妊娠できないという

ことも全くありませんよ。

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい